仮想通貨協奏曲

ビットコインを筆頭にアルトコインと呼ばれる仮想通貨が阿鼻叫喚の騒ぎとなっている・・・
ビットコインの200万上からの暴落と、それが収まりつつある1月26日に取引所大手のコインチェックがサイバーテロにあって600億円を引き出されたらしい?
軒並み大幅安で2番底も割ってしまう騒ぎだ。
しかし1取引所の事件だが軒並み下がるのかと不思議に思う?
赤信号皆で渡ればの流れは収まっていないし勉強もしていない投機初心者が多いということだろう?
下がれば投げ、上がれば買いの猪突猛進型の市場が作られている?
テレビCMで有名なコインチェックだが実際は金融庁の認可も取れていないらしい・・・
脆弱な防護対策も非難されているが狙う側としては格好の餌であったか><
あれだけ短期間に上げた相場は谷も深いがこれでお終いというわけではない70兆にまで膨らんだ市場は、そう簡単には死なない
大手金融機関も国も挙げてブロックチェーンの開発に乗り出している。投機市場とは別に確かな通貨市場の革命が始まっている。
今のところサイバーテロと大口投資家の草刈り場であるが、来年は落ち着いてくるかと思う?
銘柄も淘汰されていくつかの分野に選別されてくるだろう。株式市場でもあるように企業価値よりも仕手株として愛されている銘柄も多い・・・
現在10円以下の銘柄も多く、その中からビットコインとはいかないまでも数百倍の冒頭をする銘柄も多いだろう?
金持ちは有名銘柄を底値買い庶民は割り切って100円以下の銘柄を分散買いでいくのもいいかとおもうが、いずれも負けても悔いの残る資金ではやれない。
出川君が心配だな・・・・・・

仮想通貨元年の狼煙は上がったが・・・

昨年から仮想通貨(ビットコインを代表とする)の台頭が目覚ましく株式市場やとりわけFX市場からの参入者が多く既存の市場から個人投資家が移っていくらしい?
FXの時もそうでしたが俄か長者が生まれてyoutubeなどもにぎわっています。数年前のマウント何と矢らの詐欺事件が水を差して、眉に唾を付けて眺めて終わってしまった人が多いらしいです。
現金なもので儲けた人は、その極意とやらを大きく宣伝して指南どうなる類のサイトを立ち上げたりSMSで拡散したりと、いつものような騒ぎです・・・
宝くじに当たった人がその道を説くというような、にわか宗教に似たアホな道理がまかり通っています?
少し真面目に考察してみると結構面白い展開も予想されます。
既に仮想通貨の市場は世界で70兆円に達しており、代表格のビットコインは時価総額30兆と言われています。
これは実にトヨタと三菱UFJを足した金額です・・・
もう詐欺だのインチキだのとは言っていられませんね?
通貨不安のある国では規制に乗り出しており中国や韓国が筆頭です。逆に規制に入るかと思われた日本では法的にも認知されてきており、SBIや三菱UFJなどは積極的に乗り出しています。
こうなるとアジア圏での仮想通貨市場の覇権は日本にあるというシナリオも想定できます・・・

通貨の移動に関してはコストと時間の短縮、秘匿性?もう一つの大きな原動力は投機性ですね・・・
実需の分野と投機性が上手く被っていて企業だけではなく一般庶民の共感を得やすいということでしょうか?簡単に言うと射幸心をあをる上手い材料と言えます。
時価総額上位の全てと言えるほどの銘柄が上がったので、うまい下手もないのですが買わない人は儲からないという理屈で今年はさらに大きく膨れ上がりそうです?
安いからと言って草コインと言われるものから金の卵を探す動きも多いですが、知名度と流動性が無くてはお金が集まらないという原則があります。
皆が知っているものが上がるわけです。投機に走る人は研究家の集まりではありませんから?
当分はビットコインのトップが変わらないとすれば、その時価総額を割ってみたら、どのくらいまで行くか可能性は計算できます。
現在130万程度まで戻したビットコインの時価総額の3分の1くらいのアルトコインが価格が300円程度では人気があっても100万位はならないということです。
お勧めしているわけではないのですが、お尋ねのメールも多いので簡単に所見を書き連ねました。
今年から第2ステージに入り上がるものと淘汰される選別が始まりそうです?数年持つなら面白い市場かと思います。
1円以下のコインもあるので、捨てたつもりで数年持つ覚悟でやることには反対しません・・・

2018年の相場の挑む『奇々怪々の嵐の中を泳ぎきる』

明けましておめでとうございます
こちらのブログは日々のトレードを綴るものではないので日が開いてしまいます。
新年を迎えて今年の相場のスタートから重い荷物を背負っています。それは北朝鮮問題です・・・
中国経済の崩壊も何度も何年も言われて辟易としていますが、こちらはどういう結論に達しても日本にとっては無事では済まないような不安を感じます。
現在は韓国の冬季オリンピックに絡めて北朝鮮の融和姿勢が表面化しています。米国も表面上はこれを受け入れる形で予定されていた軍事演習を延期する構えです。
市場はこれを好感してオリンピックの過ぎる3月まではは安心とみての爆上げが始まりました。
レンジ相場から急落に備えてのポジションも暫し上を向いたあほ相場にお付き合いすることにしました。結論から言えば核を容認するかしないかの一点であり、このまま時間を延ばしていくということは容認の構えとみられます・・
韓国と北朝鮮の会談を最終判断として強硬な手段に出る可能性も十分残っています。しかし期限的には一休みとみれば相場を押し上げる下地はとうにできているので、売り方の出番はないでしょう・・・
市場は薄情ですので、万が一容認論の台頭により梯子を外された形になっても市場は冷静でリスクとしてはすぐに捉えないでしょう?
トランプの近辺も相変わらず騒がしいのでロシアゲート、病気などでの失脚も突然あるかもしれません?
1日7000円も急騰する相場を見せられると今後何があっても不思議ではないんだなと、今迄の物差しを変えなければなりません。
上がる日は最後まで上がるという展開が増えるかもしれません?
数か月コールの売りは単独では持たないことにします。

米国の先制攻撃はあるか?

最近米国の先制攻撃の可能性について取り上げられてる・・・
国際法の基準を満たしているか北朝鮮が水爆実験をしたら、あるいはICBMに核兵器がが搭載されている可能性があり、尚且つ発射の兆候が顕著な場合とか・・・言葉遊びが続いている。
それでは北朝鮮がそのような実験ないし兆候を見せないでいた場合は平穏に収まるのか?
国内で開発や製造を続けていても良いのかということになる?
少なくとも数か月以内に完成と言われる中で、そのような猶予があるのかと考える・・・
2月には平昌冬季オリンピックが迫っているが、米国は選手団の派遣を決定していない。戦争が起きるとすれば当然派遣はできないだろう?
オリンピックが開催されるということは通常その間に軍事行動はできない。開催されれば4月以降のタイムゾーンに移行するということだ。それでは当初から言われている時間的猶予は切れてしまうことになるだろう・・・
最近では生物兵器をICBMに搭載する実験が取り座されている。サイバーの疑惑も顕在化してきている?
先制攻撃のアリバイ作りは着実に進んできているようです・・・
それでは実際に紛争が勃発したときには相場的にはどうなるか?
予想ができない範囲だが数日で終わるような問題ではないが金政権が倒れた事実とミサイルの脅威が収まった時点では相場は底を打つ可能性がある?
懸念されるのは日本に被害がどの程度及ぶかだろう。その程度で相場にもショックの大きさが違ってくる。
細菌兵器だろうが核だろうが、日本に着弾すれば甚大な被害となり経済圏が消滅する可能性があり計り知れないダメージとなる?
それでは事前に相場はどこまで織り込んでいるだろうかというと、まったく織り込んではいない。
お花畑とは言われるが、こういうのは信じられないありさまであると言いたい。
相場が数か月先の経済を織り込むものならば、まったく安心してよい状態ということになる?
相場を信じるか自分を信じるか結果は1か月か2か月以内に出てくると思う・・・
2月プットが安いので仕込んでおきましたが・・・・

オプションを選択する意味はどこに?

金融商品は多種あるが個人が選択していく場合には、やはり投資金額や証拠金などの条件から選択していくわけだが、
では先物と先物オプションではどういう選択肢によって選んできたのだろうか?
先物ラージ1枚とオプションの複合ポジションを持った場合は粗同じ資金が必要だ。ただし取引回数が先物のほうが多くなる傾向があり動きも派手なのでオプションよりも多いと感じる。
同じ資金量としても被害額は大きくなり結果としての投資資金が多く必要となる。
そこでリスク限定という先物にはない選択肢があるオプションが好まれる。先物の大きな変動からくるリスクに懲りた個人投資家は
それほど多くの利益は狙えないが安全なほうがいいと思い込み始めます。
相場が動いても動かなくても利益になる戦略があり、コストを抑えてリスクも限定です?
相場観は不要で、そもそも相場観に頼らないトレードがオプションの神髄です?
果たしてそうでしょうか?
あなたがポジションを持つときには必ずあなたなりの相場観は入ります。膠着でも緩やかな上昇でも同じです。選択しているわけですから?
ただし曖昧な選択として問題を濁しているだけです。
これによってどんな相場にも対応していけると錯覚してしてしまう人もいます。上か下かはっきりした選択を避けて、曖昧な判断をすることが柔軟な対応ができる戦略だと思い込みます。
あるいはコストを優先して、負けてもコスト限定で損失は軽いと言うポジションが好まれます。
初めから戦わない戦略で参加費は毎回取られますし、おそらくは負けこんでいきます。
負けても被害が少ないという選択が1番先に来るわけですから勝てる確率は少ないでしょう?
それでも先物のように上か下かの50%の決断よりは気が楽です・・・
このように負けても被害は少ないというスタートから、やはり負けていくわけです・・・
当然ATM近辺は触りません?
遠くのコスト安いオプションを好みます。特にプットのOTMを好みます。
戦略自体もOTMですから常に主戦場であるATMから離れていますので、相場が比較的コンパクトな動きの時には射程外に放置されます。
概念ですがオプションのATM2枚で先物1枚と同じ動きをします。シータとベガが大ざっぱにプラスとマイナスに作用しますが、これで先物に加えた戦略が組み込むことが可能なことになります。
第4次産業革命と言われる時代の中でリスクは常にありますが、目線は上を見つつリスク管理を行えるならばポジションは先物の効果を上回るほどの戦略が必要です。
シュミレーターは趣味レータとも言えて、結果の形を想定したものです。結果には導きません?
ポジションの最小の駒である個別のオプションの動きを常に頭に描けるような訓練が必要です。私のポジションはシュミレータで見たら滅茶苦茶です。
それで良いのです。分解された個別の動きが頭の中にあるからリスクを除いたり、利益を取り出したりと、そのつどの対応が可能です。
ヘッジのポジションはメインの守りです。しかしヘッジのポジションをメインにしてしまう人が多いものです?
妙な安心感があるのですね?
ヘッジと言っても相場がその方向に動けば利益にはなります。この綱引きが動機となって少ないチャンスが今回は訪れると錯覚してしまうのでしょう・・・
メインの戦略があって初めて補完のヘッジポジションが必要になります。メインの戦略の欠点を補うものです。
メインが生きてるのに裁量で利益の出てきたヘッジを外してしまうのは本末転倒です。メインを解消する事態に及んでからヘッジと相殺します。これが基本です。
現在自分が取り組んでいる戦略は上と下をヘッジして日中のザラ場で先物買いという戦略です。押し目買いの噴き値売りの基本です。ヘッジもATMからのポジですからデルタには強めです。相場がどちらかに動くと想定したらヘッジのコストは片方になります。
50万円のコストならば片方の25万円をメインで,或いは逆のヘッジポジションで取れればいいわけです。
相場が大きく動けば動くほど有効です。
リスク限定という言葉は魅力的ですが、やはり勝たなければすべての意味が無くなってしまいます。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR