阿鼻叫喚の中から育っていくものを狙う・・・

正に阿鼻叫喚の展開から本物はどれだという目利きが重要な段階です。
仮想通貨が火葬相場になっています.焼かれたイナゴが死屍累々のありまさですね><
美人投票から実際のプロジェクトにつながるICOなり発行済みのコインも含めた、実際の社会インフラの一部になりえるものと、実現サービスにつながるものとが選別されていく過程かと思います。
プラットフォーム系は出そろってきたと思いますが、将来生き残っていく物は3個か5個くらいかと見れば熾烈な競争が見えます。
後に続くのがコインそのものの能力ではなくて、トークンと呼ばれる主にイーサリアムなどのプラットフォームに登載されたサービスを提供する通貨です。
それらの実現性と効果がどれほどのものかが問われます。
相場は規制ラッシュの中で急落し、不祥事ばかりでなく追い打ちをかけているものが何と、かつての不祥事であるマウントゴックスの債権の売却であった。債権者のための資産売却が今ころ始まって、なんとその額が2000億円くらいあるらしい、すでに400円程度が市場で売却されたらしい・・・
ネムのダーク市場で交換されたものが売却される来意ということで長く下げ続けたが、今度はビットコインが同じリスクを抱えてしまった。
思えば破産宣告から長年眠っていたビットコインが、数百倍になって市場に復帰してきたわけで皮肉なものである。
相場は昨年の急騰前の水準に戻りつつあり、再スタートの条件は整いつつある。出遅れ組には願ってもないチャンスだが、また暴投相場が再現されることは無く、個別の通貨に対しては十分あるでしょう?
昨年と大きく違うのは通貨の発行数が多くなり、情報も増えて資金が分散されてしまった事です。
一極集中しにくくなったと言えます。
まだ詐欺ICOが多く、規制の中で淘汰されていく過程で、大手の企業によるあらたなICOが人気を集めていく現象が実現されていくかと思います。
今迄躊躇していた人が、ここがやるなら安心できるかと思えてきて、参加者が増えていく過程でかつてのNTT株のような新しい指標通貨が生まれてくるかと思います。プラットフォーム系からサービス系のブランド通貨が生まれてきても良いかと思います。
規制ラッシュが終わって夏から秋には新しい流れが生まれてくるかと見ています。
あなたの目利きが試される試練でもあり大きなチャンスもあるでしょう・・・
乗るも乗らぬも自由、リスク限定利益無限大でもないですが、オプションの買いと割り切れるかどうかでしょう?
来年の今ころは景色が違うものになっているでしょう・・・・・・・・

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR