火葬通貨協奏曲2

まさに火葬通貨になってしまいそうな現状だが、騒いでいるのは初心者食らうだろう?
あれだけ短期間に上げたのだから急落も当然で、調整には日柄もかかる。このブログでは自由に書き込めるが本家のブログでは他の市場のことは書きにくい><
市場と言っても投資市場ではなく今のところは投機市場であるが・・・
ロシアをはじめ外国の政府もブロックチェーンの仕組みを利用した暗号通貨を発行する構えを見せている・・・
もっとも今の暗号通貨とは本質が違う中央集権で管理をするもので、現在もあるプリペイドマネーの類になるだろう・・・
国境を超えたグローバルな通貨とは違うものだ。中央が管理したのでは、おのずと国境のような管理の壁ができてしまう。
急騰急落が大きいと言って非難しているが、そもそも上下しないものならだれも買わないだろう?
本末転倒の考えがまかり通っている。
隆盛のビットコインもその役目を終えつつあり価格が高騰したために手数料が大きくなり決済送金のスピードも使い物にならないくらい遅くなった。
詐欺も実際に多く2000あると言われるコインの80%は怪しいものだ。
世界も誰もが投資しやすいのは時価総額が多いポピュラーなものになっていく。そういう意味ではブランド化したビットコインも捨てきれず浮いたり沈んだろしていくのか?
コイン市場の動きはすべてがビットコインの上下に連動した動きになっており、まだまだ黎明期の動きから抜け出てこない。
本との実態がつかめないので赤信号皆で渡ればの投資法しかないような現状である。
いまや株価も天上にきて、これが崩れてきたら世界の余剰資金はどこに向かうのか?
今暗号通貨の市場は世界の投資資金の1%しかないが、この騒ぎである。
末恐ろしい世界だが、負けても痛くない資金を投げ込んでみる勇気がある人はやってみたらいいかと・・・
取り引き所などの課題を含んでいる市場だが逆に安い今がチャンスなのかもしれません。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR