FC2ブログ

仮想通貨元年の狼煙は上がったが・・・

昨年から仮想通貨(ビットコインを代表とする)の台頭が目覚ましく株式市場やとりわけFX市場からの参入者が多く既存の市場から個人投資家が移っていくらしい?
FXの時もそうでしたが俄か長者が生まれてyoutubeなどもにぎわっています。数年前のマウント何と矢らの詐欺事件が水を差して、眉に唾を付けて眺めて終わってしまった人が多いらしいです。
現金なもので儲けた人は、その極意とやらを大きく宣伝して指南どうなる類のサイトを立ち上げたりSMSで拡散したりと、いつものような騒ぎです・・・
宝くじに当たった人がその道を説くというような、にわか宗教に似たアホな道理がまかり通っています?
少し真面目に考察してみると結構面白い展開も予想されます。
既に仮想通貨の市場は世界で70兆円に達しており、代表格のビットコインは時価総額30兆と言われています。
これは実にトヨタと三菱UFJを足した金額です・・・
もう詐欺だのインチキだのとは言っていられませんね?
通貨不安のある国では規制に乗り出しており中国や韓国が筆頭です。逆に規制に入るかと思われた日本では法的にも認知されてきており、SBIや三菱UFJなどは積極的に乗り出しています。
こうなるとアジア圏での仮想通貨市場の覇権は日本にあるというシナリオも想定できます・・・

通貨の移動に関してはコストと時間の短縮、秘匿性?もう一つの大きな原動力は投機性ですね・・・
実需の分野と投機性が上手く被っていて企業だけではなく一般庶民の共感を得やすいということでしょうか?簡単に言うと射幸心をあをる上手い材料と言えます。
時価総額上位の全てと言えるほどの銘柄が上がったので、うまい下手もないのですが買わない人は儲からないという理屈で今年はさらに大きく膨れ上がりそうです?
安いからと言って草コインと言われるものから金の卵を探す動きも多いですが、知名度と流動性が無くてはお金が集まらないという原則があります。
皆が知っているものが上がるわけです。投機に走る人は研究家の集まりではありませんから?
当分はビットコインのトップが変わらないとすれば、その時価総額を割ってみたら、どのくらいまで行くか可能性は計算できます。
現在130万程度まで戻したビットコインの時価総額の3分の1くらいのアルトコインが価格が300円程度では人気があっても100万位はならないということです。
お勧めしているわけではないのですが、お尋ねのメールも多いので簡単に所見を書き連ねました。
今年から第2ステージに入り上がるものと淘汰される選別が始まりそうです?数年持つなら面白い市場かと思います。
1円以下のコインもあるので、捨てたつもりで数年持つ覚悟でやることには反対しません・・・
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR