米国の先制攻撃はあるか?

最近米国の先制攻撃の可能性について取り上げられてる・・・
国際法の基準を満たしているか北朝鮮が水爆実験をしたら、あるいはICBMに核兵器がが搭載されている可能性があり、尚且つ発射の兆候が顕著な場合とか・・・言葉遊びが続いている。
それでは北朝鮮がそのような実験ないし兆候を見せないでいた場合は平穏に収まるのか?
国内で開発や製造を続けていても良いのかということになる?
少なくとも数か月以内に完成と言われる中で、そのような猶予があるのかと考える・・・
2月には平昌冬季オリンピックが迫っているが、米国は選手団の派遣を決定していない。戦争が起きるとすれば当然派遣はできないだろう?
オリンピックが開催されるということは通常その間に軍事行動はできない。開催されれば4月以降のタイムゾーンに移行するということだ。それでは当初から言われている時間的猶予は切れてしまうことになるだろう・・・
最近では生物兵器をICBMに搭載する実験が取り座されている。サイバーの疑惑も顕在化してきている?
先制攻撃のアリバイ作りは着実に進んできているようです・・・
それでは実際に紛争が勃発したときには相場的にはどうなるか?
予想ができない範囲だが数日で終わるような問題ではないが金政権が倒れた事実とミサイルの脅威が収まった時点では相場は底を打つ可能性がある?
懸念されるのは日本に被害がどの程度及ぶかだろう。その程度で相場にもショックの大きさが違ってくる。
細菌兵器だろうが核だろうが、日本に着弾すれば甚大な被害となり経済圏が消滅する可能性があり計り知れないダメージとなる?
それでは事前に相場はどこまで織り込んでいるだろうかというと、まったく織り込んではいない。
お花畑とは言われるが、こういうのは信じられないありさまであると言いたい。
相場が数か月先の経済を織り込むものならば、まったく安心してよい状態ということになる?
相場を信じるか自分を信じるか結果は1か月か2か月以内に出てくると思う・・・
2月プットが安いので仕込んでおきましたが・・・・

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR