IMSP発想の仕組み、その1

しばらく更新してないのに続けて2回も更新をすることになりました。
こちらのブログはそれなりの趣旨を持ってはじめたので差別化していかないとなりませんので、本来の趣旨にしたがってオプショントレードの本筋にしたがって考えて行きたいと思います。
IMSP戦略とは、そもそも何なのか?どういう基本的構想から始まったのかについて述べていきます。
私は先物トレーダーでしたからデイトレを専門にやってきました。
歳も目の関係もありますが、相場環境が高度のシステムトレードに変わってきたこと、またシステムのスピード化ににもより、個人がスキャルピングで連続して勝っていくには無理が生じてきたということです。
私個人のことならいいですが養成塾として人に教えていくには無理が出てきたということです。
大口投資家の戦いの場から離れて個人がゆっくりと戦える場を、オプション市場に求めてきたわけです。
ならば今までの規定のオプション戦略という教科書にあるような戦術で良いのかと言う疑問から検証に入りました。しかし実際にカレンダーなり、バタフライ、レシオ、スプレッド等試してもなかなか勝てません?
そこから独自の戦略というものが作れないかという動機がうまれて研究していく気持ちが生まれました。魔法の杖は無いことは承知しています。しかしもう少し何かが生まれてくる余地みたいなものが存在することは感覚的に感じていました。
先物は原資ですから単純明快で動きもシンプルです。利益無限大(売りの場合は限定ですが?)
これがリスク限定ならば理想です。
それではオプションの買いでいいではないかと言えますが、先物ト同じようなデルタ(動きの早さ・・・)を求めれば30万程度のコストになり、それがそのままリスクの価格となります。
結局はこれが基本で、これをヘッジするための方策がオプションの戦略であり、生まれているものが各種のスプレッドとなります。
すべてはスプレッドとなり鞘の取り具合でそのスプレッドの優劣があります。
少ないリスクで最大のリターンが期待できるものがいいわけです。しかしガチガチに固めたスプレッドでは先物の(ATM裸買いオプション)の利益に迫ることはできません。
シーソーの両端がリスクとリターンです。どちらかに傾けば逆が減っていくわけです。
しかしここで行き詰まってしまっては新しいものは生まれてきません。オプションには、先物に無いものがあります。オプションにはベガとシータというものがあります。スプレッドの中にこれらをうまく取り入れていければ、利益無限大、リスク最小の戦略が可能かもしれません?
どんな戦略もそれを駆使する人によっても違いが生まれます。そんな戦略でもリスクを完全に消すことは不可能です。
しかし、リスクを一方に集めて避けることは可能です。ベガを抑えるデルタを抑える、ガンマを抑えるなど普段良くやられることです。
先物ト同じような利益を求めるなら、ATMでポジションを取るのが基本です。これを基本にヘッジを入れると組み立てに無理が出てきます。
相場が下がったときに対応するためにはAYMのコストに見合う売りが必要です。これは簡単ですが例えばATM350円に対応して
350円のOTMを売ったならどうなるでしょう?
当然に相場があげたらATM買いオプションよりも売りオプションのほうが大きな損失になります。当然デルタマイナスベガマイナスですからリスク大のポジションとなっています。
しかし単純に、此処で諦めていけません。ここから始まるのです・・・
長くなりましたので、またの機会に続きます。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR