まだ雨は止まず、悪材料と好材料が混在して出てくる・・・

漸く悪い材料も出尽くしたと思える時期ですが、相変わらずポコポコと出てきます。
その中でも大手企業の参入が続いています。個別材料で大きく反発する通貨も出てきました。しかし一時の勢いが長く続かないようです。ビットコインがクシャミをしたら皆が風邪をひくといった状況は変わりません。ビットコインを筆頭とする序列は当分の間変わらないと思います。それも時価総額という物差しで図られた市場ですから、比較も正しいとも言えません。
単純に単価で安いとか割高とかも言えないものです。この辺りがめんどくさいです・・・
1000倍になった通貨でも、今から1000倍になるかと言うと、それは無理でしょう・・・
そういった煮詰まったというか成長した通貨を買うよりも常に安値からスタートするICOに人気があるのは、これからも変わらないでしょう。相場が元気に戻れば成長も更に早くなります。
あるいはICOから急騰したものは数か月調整に入ることが多いものです。そういった時期のコインを拾っていくのが妙味がありそうです・・・
銘柄を絞って株式の優良銘柄を買うのと同じで、値幅に注目して投資するならやはりビットコインが良いでしょう・・・
大きな値上がり率で安いものに分散しても、一発当たれば数百倍もありえますので、安い通貨をいくつか分散して狙っていく方法もあります。
どの通貨も株式に比べてボラが大きいので、銘柄を絞ってデイトレをする人もいます。ビットコインの成長を信じている人は、安倍のミクスのトレンドを想定してデイトレなども可能でしょう・・
私は下位銘柄の買い増しをしました。ICOが済んで数か月の調整が終わったころの通貨を仕込んでいきます。
コミニュティーのしっかりした通貨を選んでいますので迂闊にyoutubeなどの煽りに引っかからないようにします。今までのICO銘柄の中から特に人気のあった銘柄が、現在幾らの水準になっているかを最初に見て、そのコミニュティー(テレグラム、discord)を除いてみます。
社会を変革し役に立つサービスを構想しているもの、現実的で受け入れやすいもの、すでに現実的にサービスが始まっているものなどです。
高騰したICOが冷えている今がチャンスかと思います。
少なくとも目標を100倍程度において探していくとやはり30円以下から10円以下の銘柄がチャンスが大きいと思います。ICOの高値から10分の1くらいまで下げた銘柄も見つかるはずです。しかし日本国内では買えない通貨がほとんどで扱いにくいかもしれませんが、小さな取引所からバイナンスなどに鞍替えしたときに大きく上げてくるものが多いのも楽しみの一つです。1通貨辺り10000通貨を目途にそろえていくと効率が良いかと思います。10000通貨が買えない価格ならあきらめて安いものに変えていくのも戦法です。先月ここで紹介したWANやPOAなどはすでに倍の価格を見ました。XSHもそうでした。CAPPはICOからの時間が早く、もう少し安値が続きそうです?
AGIは動き出したように見えます?
買いにくいですがZERなども面白い存在です。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR