ここからの選択が重要になるか?あれもこれも買いたいと逸る気持ちを抑えて・・・

暴落前の水準には戻っていないが、今一歩と言うところでスタート地点に戻ろうとしています。
色んな見方考え方がありますが、自分はビットコインが130万に届く水準を考えています。早くも勢いを取り戻した通貨も見えますが、ビットコインの回復に便乗して2倍に上げてきた通貨は普通です。このレベルにまで回復していない通貨はちょっと心配です・・・
ICOの時期にもよりますが17年に上場した通貨は底値から2倍には戻しているかと思います。今年の下落局面を見てみると皆同じようなトレンドを描いていますが、中でもその動きに流されずに切り返しが早く、最高値に届きそうな展開を見せる通貨があります。
EOSですね・・
中身が無いとか無価値とか開発元がホワートページで明言しているにもかかわらず、そのポテンシャルの高さに夢を託して買いが続きます・・・
自分のその一因ですが、万が一ビットコインを超えるような通貨があるなら1番早いのがEOSかもしれませんね?(将来的なEOSとして)
ただし今もICOは継続しており6月1日で終了して、その48時間後の6月3日以降は移転ができなくなります。その後にどういう処置がなされるのかはまだ不明なので5月中に売り抜けるか、4月15日にエアードロップを受けた人はまた違う考えもあるでしょう?最後まで夢を追い続ける事が可能かどうかは未知数です・・・・
草コインの爆謄に夢をかけるか、メジャー通貨のトップ争いに夢をかけるかというレースも面白いです。リスクは皆共通ですから、なるべく参加者の多いメジャー通貨に賭けるのが安心はあります。
SBIが夏をめどに開業と言われています。まあEOSは入ってこないでしょうが、取り入れる通貨は上がってくる可能性が高いと思います。メジャー通貨はBCHが本命で続くのがOMGあたりの実績のある通貨、匿名通貨は外されるので人気があっても当分無理でしょう・・・
中国関係の通貨が強いかと思いますがNEOやTRXなども面白いかと思います。
同時にICO関係ではSBIが発行する取り引き所内で主に使われる通貨が出てくれば買いでしょう。
コインチェックを買収したマネックスも何か出してくるかと思いますので、取引所関係の独自通貨のICOは手堅いのではないかと思います。
ICOは規制が厳しくなっても取引所関係の通貨は信用性の面でもランクが上で難しくは無いかと思います。
SBIの信用をバックにした通貨となれば相当なポテンシャルが想像できます。
北尾社長の力の入れているリップルやビットコインキャッシュも期待されます。
来年は相場の嵩上げで10円以下のコインで期待できるものは無くなってしまうかと思います?
100倍の夢を持てるのはやはり1桁の通貨が1番ですが、屑をつかまないように良く考えて買いたいものです。
100倍と言っても下から高い山を見ているのと同じで、50倍になった地点で上を見たら後は倍の高さです。100倍は50倍になったらあとは2倍なんです。50倍が残っているのではないのです。
相場全体の嵩上げが想定できるので、今の時点での100倍は実際は30倍くらいかもしれませんね?
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR