仮想通貨はブロックチェーンが生んだ仇花か?

どういうわけか仮想通貨に関する相談が増えてしまい横道にそれていくようです><
先物オプション市場のほうは痩せていくばかりの状況下では仕方ないのかなとも思います。ちょうどFXで4億とか残した叔母さんお話がニュースになってFXの人気が爆発した頃の状況です。
あの時も先物市場が枯れてしまいました。それに伴って高い報酬につられてアフリエイトのエグイ広告が氾濫して簡単に儲かると思ってか狼の餌食になった人がいたようです。
FXのほうがまともで規制もしっかりしていると言う人もいますが、今では皆が知っているロスカット狩りなどは初心者を食い物にしていました。
一方youtubeなどで盛んに煽っている状況は当時と同じです。
みながアナリストのようなことを言っていますが、あの人たちはアフリエイトで飯を食っている人たちで、ICOなどに誘導してなんぼか貰う人たちで見方ではありません。
右を見ても左を見ても詐欺に近い怪しい話ばかりです?結果詐欺というのでしょうかな、未必の詐欺?
本物もあるはずで見極めていくしかないですが、歴史的急騰の後でしばらく調整が必要なことは仮想通貨市場だけではありません。もう終わった~と叫ぶ人もいますが世界的な規制(取り決めと見たほうがいい・・・)が出来上がってからのほうが本番かと思います。
ここからは極めて無責任な話になりますので予めお断りします。
(なんだお前もかと言われそうですな><)
仮想通貨を擁護するような話をすると変な目で見られるような気がしますが、社会現象の一つにまでなっています。大手金融機関や企業が参加する状況を前にして何も考えないというのも賢いとは言えません。
こちらの市場は基本的にトレードする必要はなく放置トレードのようなものですから簡単と言えばそうです・・・
必要なことはある程度の余裕資金と(大金がある人は別のやり方があります)時間の余裕?
待つことと我慢ですね?
10%上げたら売ってしまうという人は大金はつかめません。
勝ったら覚悟を決めて、PCも見ないと言う位でないと無理かもしれません。私もいくつか持っているので銘柄はの話はしませんが選択の基準をお話しします。
今の状況は時価総額ランキングの上位の者の中からの選択とメディアのお勧めに乗るやり方が多いようです。
何でも適当な理屈が付いて人気があるものならいいんだ、という選択方法は今までは通用したようですが、これからはどうでしょうか?
この不祥事や規制の噂が去った後の、夏頃からやってくる第2次のブームは、新規通貨の登場を待つ人が作り上げていくのでしょうか?
常に新規参入者が増えてくる状況も想定できますのでいくつかのパターンに分かれてくるのでしょう?
常にビットコイングループがフラッグシップを取っていけるのか?
最近になって手数料も安くなって取引スピードも改善されてきたようですが、ブランド力は定着しましたが先は厳しいものとみています。何といっても人気があるように見えてしまう価格ですが、発行枚数が2100万を上限としてしていますので、この時点で他のコインと比較すると100分の一くらいでしょうか?
価格訂正するとビットコインは1万円台ですから、多と比べても高くはないレベルです・・・
ですから何でも人気が出たらビットコインのように200万とかなると早合点してはいけません。コインの発行上限を確認してください。安いものはそれなりに理由があるはずです。現在10円のコインを見て、100万円位なったら総額で幾らになるなんて夢は持たないことです。
しかし単価が高いものは、購入するときに1つも買えずに0.?となるのは嫌なものです。時価総額から人気を図る考えは正しくは無いと思っています。
流動性が無ければ発行枚数が多くても単価は高くなります。それに発行枚数を単純にかけたのでは時価総額が大きくなってしまいます。最近では修正されたランキングがあるようです・・・
ブロックチェーンの機能を売りにしたプラットホーム系のコインは、発展改良はあってもすでに出そろってきた感があります。ブロックチェーンの機能は素晴らしいものですが、それが直接投資の見返りとして何をくれるのかが、しっかりと見えてはきません?
その上に何を載せてサービスできるかが今後の課題のはずです・・・
SNSに関連したサービスは即効性がありそうですね?
決済や送金は銀行から何かを奪っていくでしょうか?
自己責任で非中央集権ですから保障の面では難しく、クレジットカードの代わりはまだ最適な案は無いかと思います。
ブロックチェーンの台頭により銀行関係の世界は枯れていくようですが・・・
これかエアの若者の就職に関しても選択肢が増えてきそうですし、衰退していく分野もあるはずですから、今から考えておいた方がいいでしょう?
ギャンブルやブックマークの世界も便利になりそうです。
全ての面で手数料が少なくなり送金スピードが上がるというのは良いですね。
世界通貨の誕生で為替スワップや両替えなどの手間も省ける世界が始まりそうです。気が早いですが・・・
それまではゴタゴタモありそうですが先行したサービスは後者の追随を許さないとも思いますので、ここからの選択は厳しいです。
絵に描いた餅の中から、本当に食えるのはどれかを当てていかないとなりません。
最近バンキング系のICOがありましたが、投資したコインに配当が付いてくるものは良いですね。プラットホーム系では無理ですから。
ICOで金を集めてドロンというコインも多いようですから、実際にサービスが立ち上がるのかを見ていく必要があり、それは自分で納得できるまで調べることです。煽り広告でうっかり乗ってしまわないことです。
良いICOであればトークンセールまでに、賛同するスポンサーも付いているはずで、運営人もしっかりとした人物がいるはずです。
最近のICOでも運営がロシア人というのが目立ってきました。何か怖いので慎重に見ていますが・・・
アンダーグラウンド系のギャンブルやくじ系に多いようです?
秋頃からは日本国内のICOも出てきそうで、大手の企業によるものなら安心感もあり、かつてのNTT株のような人気も出そうです?
メルカリやラインなどの中からヒットするコインも出てきそうです。ファイスブックやツイッターなどの海外勢も同意ずいていますので
規制のしっかりした日本からのサービスに分がありそうです・・・
中国は国内資本の流失という理由から全面規制に乗り出しましたが、ここで出遅れると取り返しのつかない事態もありうるので、国が全面的に支援と規制した中国政府の管理した取引所を作る動きが見えてきました?
非中央集権が売りの仮想通貨を中央集権の権化のような独裁国家で運用するというのはどうなんでしょうか?
規制は認可が早い、先行した日本に先を越されてしまうという焦りがあるようです・・・
しかし人口が多くて投機好きな国民性の中国で、国が管理する市場が生まれたら、凄いことになりそうです?
中国初のコインやICOも視野に入れておくべきか?
金がいくらあっても足りないようですが、分散してICOには大金を投じないと戒めておかないと、夢に惚れ込んで寒い朝を迎える羽目になりかねません。
すでに現実社会で実績のある企業が発行する通貨というのは非常に少ないです。日本の大手銀行やラインなどの企業が発行するものはすぐに現実社会に生かされてくるので、仮想通貨とは言えなくなるようです。
ここ数年でずいぶんと景色が変わりそうです。インターネットが世界に与えた恩恵は計り知れませんが、ブロックチェーンに同じ夢を持つ人は多いようです。仮想通貨と呼ぶ今の減少はブロックチェーンから生まれた仇花のようですが、インターネットもアダルト分野が先行したように悪い部分だけを見てもいけません。何の果実を作り出すのかを見守っていきたいと思います。






カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR