ヘッジの考え方

最近は特にそうだが、相場の基本的な見方としては株価の上昇を基本として逆の値下がりは異常な事態としてネガティブにとらえたがるようです。当然そうなる材料が、事故や事件、倒産やでフォルテなどの悪材料で急落するからでしょう。
相場が上がることが良いことで正常な動きとして見ているようです。逆が悪とは言いませんが、困ったことが起きているという見方と、起きるかもしれないという不安から実際にはわからなくても相場は下がります。
これに対応するポジションはヘッジと俗に言いますが、相場が急落したときに利益を生むポジションの総称です。
まあ、売りを専門にやっている方はヘッジとは言わないでデルタロングのポジションをヘッジと呼んでいることになります。
特に初心者がやるヘッジについて一考しておきたいと思います。
ヘッジですから、専らそれをメインにして利益を出そうとしてはいません?
万が一に備えることで、コストが大きくならないように考えます。
想定利益が50万円のメインポジションのヘッジが50万円以上では無意味ですし、勝つことは毎回でもなく、想定利益を100%取れるものでもありません。
しかしヘッジのコストはメインポジションが有効に結果を出せる場合には間違いなく消費されてしまいます。
ですから多くの人はプットのアウトの奥のほうを買ったりコストの安いところでスプレッドなどを作ります。
これが間違いの始まりです。
あるゾーンにATMが入ったら、あるいは短期間に接近したらというケースは稀ですから、多くの場合はコストはそのまま消費されます。相場が膠着時は特にそうですね。バタフライやSSのように相場膠着時やレンジ相場の場合は良いですが、でれにも見えないことですからヘッジが必要なわけで、コストが1番の問題です。
仮ににヘッジのコストがゼロなんてことがあれば勝率は格段に上がるでしょう?
中途半端に相場が下がったりすると、ヘッジは効かないしメインポジのドローは増えるという両天秤のマイナス状態も良くあることです。
昨今はプットのプレミアムが高くてコストの安いヘッジは難しい状態です。
私はヘッジはATMから考えます。いくらまでの急落から爆発するとかのBSの時代は終わって、常時ヘッジとメインポジの両方の戦略からプットのヘッジはATMスプレッドです。
気持ちとしてはコールサイドの上昇を考えますが、結果が出ればどちらでもいいのです。
思ったように下がらなくても、だらだらの下げでも対応できるからです。今のような相場が高い上昇相場では臨機応変に動かせる先物は有効です。ここでヘッジが固ければ気楽に先物を運用できます。
ヘッジのコストは先物で先に稼ぐという考えでやっていきます。相場が高いと3000円離れたプットでも大きな利益になるケースがありますが、実際には最後まで持っていられないものです。
500円の下げでも1000円の下げでも利益が大きいATMヘッジの考え方が有効だと思います。
ヘッジ七日、メインなのか分からなくなりますが、それでもいいのです、勝てれば・・・

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR