売れない相場でATMを売るために・・・

オプション研究会に入会されてくる人も多様でまったくの初心者から経験を積まれた半プロの人までいます。
経験を多く積まれた人でも、その思考方向というか見方考え方は数学的に傾いているようです。
オプションの戦略も究めて数学的で最終的な利益を固めてからでないとスタートできない人が多いと思います。
もちろん数学的に答えが出ていることは信頼性があり納得がいくからです。
オプションユミレーターではSQ時においての損益が示されています。期中の曲線もありますが最終損益が気になるようです。ですからSQに持ち込もうとする意識はあり、期中で最大の利益を取りたいとする思考はあまりないようです?
この意識が強くなると期中での運用面で思考が硬直して対応に苦慮します。自分の戦略が上手くいかなかったと判断していきます。
戦略は正しかったのかもしれませんが、ここから先が見えなくなってしまいます?
期中のドローに耐えられなくなってしまったのかもしれません?
果たしてどちらかであるのでしょうが決めることはできません。
逆に見たら期中において想定外の利益となるケースもあるはずです。
計算できない展開が暫し起こります。
そうなると相場が動くことによって戦略も変化していくのが自然です。現在取り組んでいるストライクSPについて考えて見ます。

先物が原資ですから先物との比較によって考えます。先物には期限はありますがシータのように時間によっての影響はありません。
あるのはデルタのみです。先物ラージはデルタ1となります。先物の相場は恒にATMだけでその他のオプションのような価格付けはありません。恒にATMです。
それに対応するオプションはコールでもプットでもATMとなります。(わかりやすく説明しています初心者も多いので・・・)
しかしオプションのATMはデルタは先物の半分の0.5となっています?
半分ですね、2枚で先物と同じデルタになります・・・
どうしてでしょうか、同じ1でも良いのではないかと思いたくなりますね?
ややこしくなりますが、先物とオプションの価値はどちらが大きいと思いますか?
先物1枚とATMオプション2枚は同じでしょうか?
先物10枚とオプションATM1枚は?
先物10枚は約700万のコスト、オプションは8月コールならば170円として、明らかに先物が価値があるように見えます?
結論はどちらも同じということです。
かけたコスト分の価値で差し引きはゼロだからです。当然ですね・・・
今の時点からどちらにいくら動いて、という前提があって初めて両者に差が出てきます。それに時間というものがオプションには絡んできますね・・・
ですから先物にはデルタしかないのでデルタを同じにしてオプションはATMを2枚として考えます。
これでスタートは同じでしょうか?
同じとはいえますが、ここからある時間内に値幅的にどう動くかによって大きな差が出てきます。動かなくても同じです。
先物は3つの選択肢がありますが上か下そして止まる(動かない)というものですが動かない相場を前提に戦略を立てるのはオプションだけで先物には無意味です。
しかしオプションと組み合わせることで、動かない相場でも先物の役割は出てきます。
ストライクSPは先物の売りと買いがありますが、説明するに当たってベガの影響の多いプットを選択してみましょう。
ATMが2万円として8月は安すぎますので9月プットのATMを入れます。300円とします。
プットの場合は先物は売りです。ストライクSPの場合はオプションはコールでもプットでも売りになります。したがって先物が買いと売りに変わります。
先物20,000円でラージ1枚売り、プット行使価格20,000@300円売り2枚となります。
これでデルタは同じに1になりました。シュミレータで見たら以下の図になります。
ブログ用1
綺麗な三角形で最高利益は作成時の相場と同じで2万円となっています。利益はオプションの売り価格の合計60万となります。
つまり相場が動かなければ、あるいは動いてもSQ時において2万円に戻ってきたならこの利益となります。今の相場なら考えたくなりますね?
オプションのパラメーターを見るとデルタはフラット、ガンマもフラット、シータは当然プラスです。ベガが大きくマイナスになっています?
つまり相場が動くとベガにより損益が悪化していくことになります。相場が下がれば先物は利益に(デルタ1の分です。変りません)
オプションは先物と逆で売り玉がインしてインザマネーになりますので損失です。
つまり綱引きですね、デルタが同じだから良いかと思えるのは狭い範囲でのことで200円300円と相場が下がっていくと、オプションのベガとガンマによりデルタが大きくなっていきます。加えてベガの働きによりIVも大きくなっていきます。オプションには加速度のような働きをする因子があり先物の一定の動きとは違った変化を出してきます。
シータの効用もありますが、インザマネーに入ってしまうのでオプションは実存価値に近くなります。(先物の価値に近くなる・・・)シータの効果は期待できなくなりベガも働きは小さくなります。
先物の価値に近くなるということはデルタも1に近くなるということです。
しかも2枚売ってありますから合計でデルタ2に向かっていくことになります。
直ぐにではないですが1000円くらい深くインザマネーになるとそうなります。
ヘッジの面で考えますと先物だけですから、オプションの加速度との差が出てきます。
先物を増やしていくしか対応はできないかと見えます?
ここで考えることは、オプションは先物に近くなると言うことであって、先物を追い抜くというわけではありません?
最大でも1を超えることはありません(デルタ1が終局です)
と考えるとオプションで最大デルタが2枚で2と仮定すると先物を2枚にしたら同でしょうか?
このような形になります。
ブログ用2
これで完全なヘッジとなりました。つまり先物の追加で対応は可能ということですね・・・
SQ時においては2万円以下ならすべてが60万の利益となり、相場上昇時においても20300円までは利益が出るということになります。
いつ先物を追加するかということは、それぞれの相場の裁量によって違うでしょう・・・
基本形ならばSQ時点での損益の限界は上下に600円です。期中のヘッジにだけ先物を使うという選択も可能でしょう。
現在の相場は歴史的IVの低さです。オプションお売り戦略は厳しい状況です。
OTMの行使価格に十分なプレミアムがないということですが、それならATMを売ろうという素直な発想です。
皆さんの投資戦略に参考になれば幸いです。



カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR