FC2ブログ

売れない相場でATMを売るために・・・

オプション研究会に入会されてくる人も多様でまったくの初心者から経験を積まれた半プロの人までいます。
経験を多く積まれた人でも、その思考方向というか見方考え方は数学的に傾いているようです。
オプションの戦略も究めて数学的で最終的な利益を固めてからでないとスタートできない人が多いと思います。
もちろん数学的に答えが出ていることは信頼性があり納得がいくからです。
オプションユミレーターではSQ時においての損益が示されています。期中の曲線もありますが最終損益が気になるようです。ですからSQに持ち込もうとする意識はあり、期中で最大の利益を取りたいとする思考はあまりないようです?
この意識が強くなると期中での運用面で思考が硬直して対応に苦慮します。自分の戦略が上手くいかなかったと判断していきます。
戦略は正しかったのかもしれませんが、ここから先が見えなくなってしまいます?
期中のドローに耐えられなくなってしまったのかもしれません?
果たしてどちらかであるのでしょうが決めることはできません。
逆に見たら期中において想定外の利益となるケースもあるはずです。
計算できない展開が暫し起こります。
そうなると相場が動くことによって戦略も変化していくのが自然です。現在取り組んでいるストライクSPについて考えて見ます。

先物が原資ですから先物との比較によって考えます。先物には期限はありますがシータのように時間によっての影響はありません。
あるのはデルタのみです。先物ラージはデルタ1となります。先物の相場は恒にATMだけでその他のオプションのような価格付けはありません。恒にATMです。
それに対応するオプションはコールでもプットでもATMとなります。(わかりやすく説明しています初心者も多いので・・・)
しかしオプションのATMはデルタは先物の半分の0.5となっています?
半分ですね、2枚で先物と同じデルタになります・・・
どうしてでしょうか、同じ1でも良いのではないかと思いたくなりますね?
ややこしくなりますが、先物とオプションの価値はどちらが大きいと思いますか?
先物1枚とATMオプション2枚は同じでしょうか?
先物10枚とオプションATM1枚は?
先物10枚は約700万のコスト、オプションは8月コールならば170円として、明らかに先物が価値があるように見えます?
結論はどちらも同じということです。
かけたコスト分の価値で差し引きはゼロだからです。当然ですね・・・
今の時点からどちらにいくら動いて、という前提があって初めて両者に差が出てきます。それに時間というものがオプションには絡んできますね・・・
ですから先物にはデルタしかないのでデルタを同じにしてオプションはATMを2枚として考えます。
これでスタートは同じでしょうか?
同じとはいえますが、ここからある時間内に値幅的にどう動くかによって大きな差が出てきます。動かなくても同じです。
先物は3つの選択肢がありますが上か下そして止まる(動かない)というものですが動かない相場を前提に戦略を立てるのはオプションだけで先物には無意味です。
しかしオプションと組み合わせることで、動かない相場でも先物の役割は出てきます。
ストライクSPは先物の売りと買いがありますが、説明するに当たってベガの影響の多いプットを選択してみましょう。
ATMが2万円として8月は安すぎますので9月プットのATMを入れます。300円とします。
プットの場合は先物は売りです。ストライクSPの場合はオプションはコールでもプットでも売りになります。したがって先物が買いと売りに変わります。
先物20,000円でラージ1枚売り、プット行使価格20,000@300円売り2枚となります。
これでデルタは同じに1になりました。シュミレータで見たら以下の図になります。
ブログ用1
綺麗な三角形で最高利益は作成時の相場と同じで2万円となっています。利益はオプションの売り価格の合計60万となります。
つまり相場が動かなければ、あるいは動いてもSQ時において2万円に戻ってきたならこの利益となります。今の相場なら考えたくなりますね?
オプションのパラメーターを見るとデルタはフラット、ガンマもフラット、シータは当然プラスです。ベガが大きくマイナスになっています?
つまり相場が動くとベガにより損益が悪化していくことになります。相場が下がれば先物は利益に(デルタ1の分です。変りません)
オプションは先物と逆で売り玉がインしてインザマネーになりますので損失です。
つまり綱引きですね、デルタが同じだから良いかと思えるのは狭い範囲でのことで200円300円と相場が下がっていくと、オプションのベガとガンマによりデルタが大きくなっていきます。加えてベガの働きによりIVも大きくなっていきます。オプションには加速度のような働きをする因子があり先物の一定の動きとは違った変化を出してきます。
シータの効用もありますが、インザマネーに入ってしまうのでオプションは実存価値に近くなります。(先物の価値に近くなる・・・)シータの効果は期待できなくなりベガも働きは小さくなります。
先物の価値に近くなるということはデルタも1に近くなるということです。
しかも2枚売ってありますから合計でデルタ2に向かっていくことになります。
直ぐにではないですが1000円くらい深くインザマネーになるとそうなります。
ヘッジの面で考えますと先物だけですから、オプションの加速度との差が出てきます。
先物を増やしていくしか対応はできないかと見えます?
ここで考えることは、オプションは先物に近くなると言うことであって、先物を追い抜くというわけではありません?
最大でも1を超えることはありません(デルタ1が終局です)
と考えるとオプションで最大デルタが2枚で2と仮定すると先物を2枚にしたら同でしょうか?
このような形になります。
ブログ用2
これで完全なヘッジとなりました。つまり先物の追加で対応は可能ということですね・・・
SQ時においては2万円以下ならすべてが60万の利益となり、相場上昇時においても20300円までは利益が出るということになります。
いつ先物を追加するかということは、それぞれの相場の裁量によって違うでしょう・・・
基本形ならばSQ時点での損益の限界は上下に600円です。期中のヘッジにだけ先物を使うという選択も可能でしょう。
現在の相場は歴史的IVの低さです。オプションお売り戦略は厳しい状況です。
OTMの行使価格に十分なプレミアムがないということですが、それならATMを売ろうという素直な発想です。
皆さんの投資戦略に参考になれば幸いです。



低IV相場のエコ戦略

歴史的ともいえる低IVの相場の中ではオプションの売り戦略もリスキーな状態です。接近戦は苦手なのですがOTMも枯れてしまい売れるプレミアムは無いといってもいいくらいです。
そこで現状の相場を踏まえて研究会で推奨している戦略はストライクSPです。仮称ですが別に呼び方があるのかもしれません。
先物の買い1枚にコールATM2枚の売り、または先物売1枚にATM売り2枚となります。
要するに先物を担保にATMオプションを売るという戦略です。SSと似てる形になりますが中身は違います。
SSはATMを2枚コールとプットを売りますが、ストライクSPでは同じオプションを2枚売ります。
先物を担保にオプションを売るという形です。
シュミレーターで見るときれいな三角形です。一目でベガに弱い形ですが実際に運用してみると200円くらいの値動きには十分適応して利益となります。デルタにはミニでヘッジしながらやる手もありますが、基本形のままでの通常の相場であれば十分通用するかと思います。
このままSQまで持ち込むと70万近い利益も計算できますが、バタフライと同じで実際には狙ったところでSQが収まることは少ないようです。利益10万くらいで繰り返して取っていく事がよいかと思います。
これを先物をミニ5枚オプションを1枚にすると証拠金も70万程度で納まります。

ストライクSP(実験ポジション)考察

7月18日SSP
前回の基本ポジションはリスクをコールサイドに集めて管理しやすくしてあります。相場の地合いから見て相場急騰のリスクは少ないと見た想定です。実際にはコールにもヘッジがしてありますがIMSPの範疇に深く入るので非公開です。
作成日から2万円割れに相場が動きましたので、ミニでデルタをマイナスに傾けました。18日に値洗いは+18万を付けましたが手仕舞いはしませんでした。それがよかったかどうかは見えませんが+20万を超える段階では残り時間も多いので1回目の利益確定を考えます。
19日のシュミでは下記のように変わりました。
payoff_chart.png
ミニの分で曲線は利益限定から多少色がつきました。
大きく動かれることを想定した戦略ではないですが、結構運用により多様性があるようです?
デルタ-0.4900ガンマ-0.0007セータ3.4436ベガ-32.0311
ベガのマイナスが大きいのが気になるでしょうが、額面道理に固定して判断してもいけません。
この段階では(19日前場)相場が膠着してIVも下がり値洗いは+6万程度のなってしまいました。
想定利益の最高は2万円ですから戻してもそれはそれでいいかと思います・・・・

この戦略を育てる事は可能か?・・・

いつも見えないところでオプションの話をしても、理解は深まらないと思いますので、今日は提案をします。
IMSP戦略のポジションではないですが構想は似たものです。
ここからどういう風にポジションを構築して運用できるかは相場の地合いにもよりますが、今のような行き詰まった相場展開では有効かなと思います。
8月物はIVが低いので9月物を選択します。
>9月プットATM3枚売り+先物1枚売り+ATMより250円離れたプット買い2枚
シュミレーターが使える人は見てください。期中の損益曲線は運用で変わりますので、SQ時点での損益に注目。
昨日作成したものを運用していますが今朝の値洗いは+40000円でした。
これは放置系として考案したものですが、OTMのオプションを売ったり、先物を増減したりと、アクティブな運用ポジションに変更も可能です。
基本形のままでSQ値20575円以下は利益です。
相場下落のリスクはありません。最大利益はSQ2万円近辺の60万くらいです。
オールマイティーな相場に向くものではありませんが、戦略構想の基本になるものです。
証拠金は100万程度です。ベガの高騰には弱いのでIMSPを加えると強くなります。
この提案に対しての質問や提案はメールでどうぞ・・・




IMSP発想の仕組み、その2

前回でATM350円を買ってOTMのオプションを350円分売った例を話しました。実際にこれを作るとOTMで@50円のオプションとして7枚分となります。デルタベガともに大きくマイナスに傾きます。相場の急騰でリスクが一気に増える展開が見えます。
ここで諦めない為には、このベガとデルタを抑えないといけません。
しかしこのポジションでも利益になる展開はあります。相場が極めてゆっくりと上昇していく場合です。
あるいは多少の押しを含めてボックスの膠着相場です。外側の売りオプションは大きなシータを抱えていますから、ATMと比較してk¥相場は膠着か押しが入ると急速に剥げて行きます。このサヤが取れますね・・・
オプション戦略はすべてがサヤを取るものですから同じ限月だけでなく、違う組み合わせでも可能です。
枚数の違いでもサヤは生まれます。
こういう組み合わせの中で、このポジションでもベガとデルタを押さえていける工夫は可能です?
完璧にすべての展開をヘッジする必要はありません。特異な展開も間々あるでしょう・・
しかしそういう展開は1日でなるものではなく、対応できる時間的余裕もあるでしょう。
現在の相場状況を見るには、ポジションからはSQを想定する場合と、今から幾ら動くかという時間ではなく相場の値動きを元に戦略を練ることもあるわけです。
相場の方向を気にして今からどちらに動くかは気になりますが、追い求めること事態が裁量判断に頼ることに近く、先物売買に似た結果にもなります。
IMSPでは、SQまでの時間にポイントを定めて行きますので、利益の大小と難易度に差はあるものの、相場の方向はどちらでもいいのです。予想外の急騰急落ににも対応可能ですがポジションの形態も変わってくるので、今は述べません。
相場のリスクはいつでもあるのですが戦略としてヘッジが可能かを考えておかないといけません。
資金管理の面から見てヘッジできる範囲か?
メンタルから見て修正できる対応力があるか?
リスクは多方面に存在します。
戦略だけではだめでトータルに大きな相場がはれる力量がないといけません。
そして最後に市場に優位性のある戦略を持っているかです。
IMSPは先に述べたベガとデルタを抑えながら相場の方向性に対応していける戦略なのです。

IMSP

IMSP発想の仕組み、その1

しばらく更新してないのに続けて2回も更新をすることになりました。
こちらのブログはそれなりの趣旨を持ってはじめたので差別化していかないとなりませんので、本来の趣旨にしたがってオプショントレードの本筋にしたがって考えて行きたいと思います。
IMSP戦略とは、そもそも何なのか?どういう基本的構想から始まったのかについて述べていきます。
私は先物トレーダーでしたからデイトレを専門にやってきました。
歳も目の関係もありますが、相場環境が高度のシステムトレードに変わってきたこと、またシステムのスピード化ににもより、個人がスキャルピングで連続して勝っていくには無理が生じてきたということです。
私個人のことならいいですが養成塾として人に教えていくには無理が出てきたということです。
大口投資家の戦いの場から離れて個人がゆっくりと戦える場を、オプション市場に求めてきたわけです。
ならば今までの規定のオプション戦略という教科書にあるような戦術で良いのかと言う疑問から検証に入りました。しかし実際にカレンダーなり、バタフライ、レシオ、スプレッド等試してもなかなか勝てません?
そこから独自の戦略というものが作れないかという動機がうまれて研究していく気持ちが生まれました。魔法の杖は無いことは承知しています。しかしもう少し何かが生まれてくる余地みたいなものが存在することは感覚的に感じていました。
先物は原資ですから単純明快で動きもシンプルです。利益無限大(売りの場合は限定ですが?)
これがリスク限定ならば理想です。
それではオプションの買いでいいではないかと言えますが、先物ト同じようなデルタ(動きの早さ・・・)を求めれば30万程度のコストになり、それがそのままリスクの価格となります。
結局はこれが基本で、これをヘッジするための方策がオプションの戦略であり、生まれているものが各種のスプレッドとなります。
すべてはスプレッドとなり鞘の取り具合でそのスプレッドの優劣があります。
少ないリスクで最大のリターンが期待できるものがいいわけです。しかしガチガチに固めたスプレッドでは先物の(ATM裸買いオプション)の利益に迫ることはできません。
シーソーの両端がリスクとリターンです。どちらかに傾けば逆が減っていくわけです。
しかしここで行き詰まってしまっては新しいものは生まれてきません。オプションには、先物に無いものがあります。オプションにはベガとシータというものがあります。スプレッドの中にこれらをうまく取り入れていければ、利益無限大、リスク最小の戦略が可能かもしれません?
どんな戦略もそれを駆使する人によっても違いが生まれます。そんな戦略でもリスクを完全に消すことは不可能です。
しかし、リスクを一方に集めて避けることは可能です。ベガを抑えるデルタを抑える、ガンマを抑えるなど普段良くやられることです。
先物ト同じような利益を求めるなら、ATMでポジションを取るのが基本です。これを基本にヘッジを入れると組み立てに無理が出てきます。
相場が下がったときに対応するためにはAYMのコストに見合う売りが必要です。これは簡単ですが例えばATM350円に対応して
350円のOTMを売ったならどうなるでしょう?
当然に相場があげたらATM買いオプションよりも売りオプションのほうが大きな損失になります。当然デルタマイナスベガマイナスですからリスク大のポジションとなっています。
しかし単純に、此処で諦めていけません。ここから始まるのです・・・
長くなりましたので、またの機会に続きます。

抜けきれない壁を感じる展開・・・

久しぶりの更新となりました。
なかなか忙しいのと書きたいネタもなくて遅くなってしまいました。
昨日の雇用統計が内容はぱっとしないもののポジティブな方向に引かれて、ダウとナスダックが窮地から首の皮1枚救われたというかナスダックは延命処置のような具合です。
こういう展開は日経でも同じで上も下でも抵抗線の狭間で救われているようです。
結果として2万円を中心に膠着相場が続きIVがかれたような展開となっています。SQを来週に控えてこれで上かという気配ですが、これも米国市場の展開とロシアが掻き回したい北朝鮮のリスクとが重なって動きは方向感が定まらないかと思います。
昨日も+30万の利益が出ていましたが手仕舞いせずに後場の押しを待っていましたが、日銀の国際追加買い入れとかのインパクトもないような理屈で買い戻されました。
雇用統計についても字善意は一切相場は押しがなく?事前に情報が漏れているという噂も強ち嘘ではないと何時も思います。
すっきりした展開が無いので昨日はコールの売り玉をすべて返済してあり、上に持っていかれても良いのですが、SQまでには突き抜ける展開が望まれます。
オプションにとってIVは飯の種ですから相場が動かないとどうにもなりません。
G20も終わって成果もないですが、ロシアと中国が連携の意思を見せて韓国も内心は歓迎ですから、当面は落ち着いてくると見たら、相場は上を向くのではないかと思います。
しかし、急落の可能性は問題解決まで継続されるので準備は何時も必要です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR