人生は阿弥陀くじ、中高年に贈るララバイ・・・投資への目覚めに、その1

職業は沢山あるが、どの職業が自分に向いているのか若い頃は欲考えたものだ。自分の才能すら知らない時代は、何でも出来ると信じて、がむしゃらに挑戦もした。
そうすると人間の持つ才能やスキルに関係なく、阿弥陀くじの様に、選択を繰り返すうちに、気が付かないうちに戻れない分かれ道を選択してしまった事に気が付くだろう?
歳を経て、あの時ああしていたら、こうしていたらと愚痴を言うのも、そのせいだろう・・・
恋愛に付いても同じで、後で公開する選択は多くある?その時代の価値観は今のものとは大きく違ったものだった。
歳を経れば食品の賞味期限と同じで、市場での需要はなくなってしまう・・・
人間は歳を経ても家が必要であり、それなりの食料と衣服、最低限の医療費と娯楽、それにある程度の付き合いやプライドを守る経費となるものも必要だろう?歳を経てもそう大きくは変わらない。
社会が自分を必要としなくなったことを強く感じながらも、生きていかなければならない。
需要が無い社会で自分に需要を見出すにはどうしたらよいのか?
単純なところに答えはあった。
自分で自分を必要とすることだ。家族の為でも何でも良い、将来(老後でも現在でも良い)に夢を見つけられれば、需要は生まれる。どんな目標でも良い、自分を奮起させる行動の源泉となる動機だ。
若くない、体力も無い、経験といっても無駄に歳を経てきた部分も多い。そうでなければ今頃こんなに迷う事はない。
そんな自分が人生を再起させる夢がもてるだろうか?
起業するほどの資金は無いしアイディアも無い。人脈も技術も無い。退職金を賭けるほどの度胸もないし、そもそも賭けるほどの土俵が見えない。
これから20年は生きるとしても、年金は少ないし心もとないようだ?
多くの中年や高齢者も含めて、中には若者でさえ同じ不安や悩みを持つ人もいるだろう?
では何をするか、何が出来るか?
人生の阿弥陀くじは残り回数も少ないようだ。
人並みの能力と多少の資金・・・それしかない。
それで出来る事が見つからない?
働くと言う事は他人に使われると言う事ではない。そんな狭い考えでは無理だ。
しかし起業や開業は難しい。
労働や生産、流通売買の枠から抜けた世界がある事に気が付いて欲しい。
相場の世界だ。昔風になるが、今風に言えばトレードだ。生産でも売買でも労働でもない。完全なる自己完結の世界だ。
難しいように考えては始まらない。昔の小豆や石油の相場の世界とは違う。多くの情報や資金が必要な株式投資でもない。先物のトレードだ。
更にもう一歩進んでオプションのトレードが選択に入れば挑む価値は十二分にあるといって良いだろう。
他人に頼らない、会社も倉庫も要らない。運賃も事務所も要らず経費はPCの僅かな電気代か?
要するに自己完結で自己責任の世界だ。資金は300万もあれば良いが、多ければ余裕がトレードを楽にしてくれるはずだ。
資金があるからといって、いきなり戦場に出てしまっては自分を傷者にしてしまう。
知識は邪魔にならない。年をとっても学習は意欲だ。何も難しい数学をやるわけではない。中学程度のレベルで良い。
オプションは戦略であって数学ではない。頭の良い悪いが決定するなら、東大生は億万長者となるだろう?
まあ、そこに目を向けるだけでも人生が明るくなるはずだ。
後は間違った方向ばかりを見ないで、朝日の上る方角を見つめて歩いていくだけだ。
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR