FC2ブログ

IMSPオプショントレード・トランプ相場の行方が見えるか?

明日にトランプ大統領の施政演説を控えて、相場も慎重だったがここに来て幾分上を向いてきた様だったが、今日は腰砕けとなった。
元々その想定だったが昨日から元気だったので(あれ?)と言う感じではいた。
ここから明日を狙うなら、先物とは違ってオプションにはいくつ物選択肢がある・・・
期待相場で高値を追ってきたダウも演説でサプライズが無ければ折込済から調整に入るかもしれない?
しかし日経は中途半端なところで長く日柄調整を行っており、過熱感は無い。ここはサプライズに対応したほうが利口なようだ?
プレミアムがはげてサヤも丁度良い具合だ・・・
幾分売り超過でクレジットにしておき、相場が急騰すればデルタロングに仕込みたい。
幾らも儲からないかもしれないがクレジットなので馬鹿な手仕舞いをしなければ順当に勝てるだろう?
SQが近くなるとアルバイトの給料位は楽に勝てる。
時間が少ないと言う事は下手な裁量が入り込み余地も少なく、環境は良い・・・・・
裁量はトレードに関しては邪魔なベガのようであり扱いが厄介なものだ。

誰でも遠回りから始まる・・・・

私もかつて経験があるが、ブログをサーフィンして何か新しい知識なり、他人の経験なりやり方を勉強すると言う時期はあります。
他の人はどうしても受けているのか、自分と同じように負けたり買ったりの繰り返しで安定しない成績なんだろうか?
もしあなたが優秀なトレード手法を見つけて儲かったなら、ブログで公開して自慢するのか、教えてあげるのかどっちだろう?
まあ、もしもそうならば余分な事をして誹謗中傷を受けるくらいなら、止めてせっせとトレードに励んだほうが良い。
相場の世界で儲かる方法が確立されたとベストセラーになる本もなし、しからばそう言う手法も無いのか?
カレンダーでもSSでも勝てる人はいるのだろう、事情は個人で別々で、やり方も同じスタートからでも結果は違うものだ。
知っていても使えない人もいるし、信じない人もいる。
多くのやり方はある。資金力により使える手法も使えないものもある。日経も1000円まで想定してトレードする必要も無く、そうであれば今の相場から15000円も下を見れればナンピン買いで押し目を買うかと無茶な意見もある。青空を見ては切りも無いが、下は限界がある。もっとも日本経済と心中しなくてはならないが・・・
数億もってトレードするなら、そういう無茶な放言も言える。
これから高齢化が進み、十分な年金をもらえる人は限られており、大半の高齢者はどうして生活資金を稼ぐのだろうか?
労働は出来ないし就職先も無い。
資金も限られており、時間的猶予は少ない・・・
投資の世界に多くの人が参加しているらしい?
ブームではなく必要に迫られている事もおおいのだろう?
いきなり手を出して痛い目にあう人、他人任せで損をする人、遠回りばかりする余裕はないが、証券会社は儲かる方法は教えてくれない。
知っている人に聞いても無駄だ。勝っている人に聞かないと本筋が見えてこないだろう・・・・

オプションの基本的考察

先物市場からオプション市場に移ってきた人は、先物のデルタを追うトレードの難しさに懲りて、もう少し穏やかな安全な取引はないかとの想いと、時にはIVの暴騰で先物よりも大きな利益を得たいとの期待もあるかと思います?
しかし実際のオプション市場でも先物の方向性に気が傾いて、結果としてデルタ勝負の戦法に重点を置くことになりがちです。
そして安全を考慮してOTMの離れたオプションを中心にして、更にヘッジをかけるような戦略で進めてしまいます。
定義付けられた先方では簡単に勝つことは出来ません。
単純な戦法ほど先物に似た結果となり、デルタ重視の傾向は変わりません?
それでは逆にSSのような売り戦略でシータを稼ぐのが良いかと言えば、今ではSS戦法を取る人は少なく、ヘッジをかけるにもコスパが悪すぎてやる気も失せてきます。
一度ポジションを取ったらSQまで持続する必要も無く不利な状況から組み直したり、有利な所で利確して新たな戦法に変化させて行く事は自由であり、大切な事です。
相場展開により戦法の形を買えていける対応力は先物では無いものです。
物事に始めと終わりがあるように、相場にもSQと言う節目に合わせて始めと終わりがあり、それにあわせた取引も戦法もあるはずです。
IVが高くOTMのプレミアムが十分残っている時に仕掛ける戦法と、逆にプレミアムが剥げてATMの近くしか有効な行使価格が見当たらない時期と、大きく市場の構成が変わってきます。
月初では作れない先方も後半では可能になってきます。相場の高い時期と安くなってしまった時期でも、同じように戦法は違います。
又ポジションの中にも単純なものから、複数の複雑なものに変化します。多くのポジションでも、それを構成するオプションは基本的に変わらないものです。それを何処まで把握していけるかでスキルの差が出てきます。オプションの基本はサヤです。そのサヤの動きを把握していないと、大きなシュミレーターの絵図しか頭に残っていない事になり、利益には繫がってきません。
毎日オプションの行使価格別の価格表を見ていると多くの事が見えてきます。通常オプションは多くの利益を一度に得ることは難しいものです。それ故に大きく負けてしまうことは避けなければなりません。しかしそのためにヘッジに資金をかけてしまうと、勝っても利益は小さく順調に資産を増やすと言うような計画が持てなくなります。
リスクの減らし方や逃がし方なども、オプショントレードの重要なテーマです。
殆ど負けない、勝つときは大きくと言うような欲張った戦法はどんなものでしょうか?
嘘のような嘘に近いものでしょうか?

ポチの休日

ここの所米国市場の休日の所為もあるが相場が停滞しています。OTMの禿げが早くて、もう一度盛り上がって欲しい所です。
IMSPは基本的に相場の急落などは狙いませんが、今期は少しポジションを取りました。トランプの政策や政権運営に陰りが見えて先行きが危うく感じています。
この停滞感を打破するために何か思い切ったことをやるのではと言う危惧もあります。
トレンプラリー全盛でも2万円大台回復が敵わなかった日経ですので、ここから先出てくる材料では2万円に押し上げる材料胃は時間しかないように思います?
しかし平穏な時間がそれほど続くのかと言えば欧州の選挙や北朝鮮や中国との関係も、どちらかに動くでしょうから、時間も無いと思います。
しかしポチはご主人様が決めてくれないと動けないので待つしかないのです・・・・・・・・

先物で勝てるなら先物をやれば良し、混同しないで考える?

オプションで勝ちたいと思う時どんな思考で戦略を練っていくか?
人其々だろうが単純に先物から移ってきた人は裁量に重きを於いた作戦が先にたつ。
プット買いかコール買い。一番無駄が無いくてデルタ優先でリスク限定というところが好きなはず?
先物には無いリスク限定で掛け捨て保険のようなものだ。優位性があるはずのオプションの売りには中々踏み出さない?
先物で一晩空けての急落や、暴落の始まりを痛いほど経験しているからだろう・・・
ヘッジにオプションを使っていた人は、ある程度抵抗感も無く取り入れ易いか?
まあ、どちらにしてもオプションで勝つには売るか買うかしかない。50万円勝ちたいと思ったら50万円分を売るか、10万円のオプションを買って50万円になるのを待つしかない。
確率からいえば10万円のオプションが50万円になる事は年に1回か2回あればよいほうで、とても低い確率になり、上手くなったとしても損失のほうが多くなっているはずだ。
50万円を売るにしても裸で売ったのでは証拠金が数百万円にもなり、素直に利益になることも無く、時には50万円の損失が出ることも多く、SQまで持ち込むことも勇気が要り、途中で投げ出すことになるかも知れない?
それではヘッジをかけて売っていく事になるが、安心を求めれば求めるほどコスパは悪くなり、50万円とは比較にならないほど安くなってしまう。
先物よりもオプションを選択する人は、相場感に頼っても成績が上がらないからであり、相場の方向性に頼らない手法を求めていたはずです。
ここで先物よりも高率な配当を期待してはいけないことを忘れています。
物事には兼ね合いがあり、100%を望んでも叶えられないなら、10%を10回繰り返すしかないはずです。
重要なのは利益の額ではなく、勝率です。ある程度は設けの額は少なくても、毎月勝てると言う事に勝るものはありません。
掛け金の制限は無く資金が増えれば大きくも出来ます。出来ないのは資金が無い事と、勝負に対する自身が無いからです。
毎月勝てれば自信が付いて資金も増えてきます。
今月いくら勝とうと思わずに、今月勝って来月も連勝し、再来月は3連勝だと言う気持ちに切り替えていきます。
但し単純にカレンダーだのSSだのと繰り返しても不可能でしょう?
そんな簡単なことならば書店で本を一冊買えば誰でも達成できているはずです。
トレードとはお金を儲ける戦場です。勝つ人は他人に教えても意味は有りません。教えないことが基本です。
そう言う意味では狭い世界です。
狭き門でも叩かないと中には入れません。


トランプの見る夢?

トランプ政権も発足から1ヶ月で最終ゴールは花束で迎えられるか、それともブーイングか?
それとももっと悲惨な結末か、考えても分かるはずも無く無意味だが、その無意味な事に備えてじっと待つ人も居る?
かつて自分も暴落を期待して、安いプットを仕込んで待ち望んだ経験がある。当たった例は無く、大した事はないだろうと見過ごした後から大きな嵐がやってきたという結末が多い。
暴落は1日で終わる事は無く、数週間から数ヶ月に及ぶものだ。最初の1日で当てる必要は無く、数日遅れでも十分間に合う。
多くの矛盾を抱えた政策を掲げて当選はしたが、いまだ持って落ち着かない政権だ。
市場は例によって良い所だけを先取りし、本当の臭いものは蓋をしたままだ。
やがて蓋を開ける時期は必ず来るが、全て円満に解決できる絵は描かれていない・・・・
相場は幾ら上がっても、崩れて又立ち上がるもので、心配も要らないが、その犠牲者になってはならない。
IMSPでは元来相場の急落などとは無縁の戦略なので、余程運が悪くなければ損失は無く、逆に利益を狙える戦略となる。
表面的にはデルタマイナスで売り戦略を取る。実際に儲かるにはデルタプラスの動きが歓迎だ。
一番良いのは多くの人が言うが、安心して寝られる事だ。
夜中にダウがどうしたと、言う心配が無い。
当然トランプにも頑張って欲しい。
夢は長く見ていたいものだから・・・・・・・・・・・・・・

シーソーの真ん中で?

コールにプット、買いに売りと相場は方向の選択とも言えます。バランスは難しい、先物はシーソーでは上手くない、選択が当たる事に全てがある。
オプションはそうでもないことは、オプションをやる人は誰でも知っている。
シーソーの真ん中で曲芸師の如くSQまでとは言わずも、利益が出るまで乗りこなせればOKだ。
売り買いを同じにすればよいというものでもなく、デルタを同じにしたつもりでも難しい。本人が同じにしたと思っているだけで、追いかけっことなる。
バランスは常に片方を軽くか、重くして置けばよい、要するに許容範囲があり、その中で泳がせておくほうが楽だ?
ポイントではなくゾーンで見ていけるからだ・・・
ここは結構重要な話で、頭の良い人は気が付いている?

値洗い悪化で元気無し・・・

日経は3トップで撃沈か?
しかし指数は高値を超えて首の皮1枚残したが、先物は30円届かずで、味は悪い・・・
5日線まで押したような、良い調整か必要な調整かと言う所だ?
もう少し高値を取ってから押したほうが良かったが、細かいことを言っても仕方無い。
90万近い値荒いがトントンになってしまった。オプションははげるのも早い。40万ほどは売っておいたが、踏み上げも用心で、思いっきり売ることも出来ない。
IMSPは相場の下げにも強いが、儲けたものが消えるのは寂しい・・・・
プットサイドの儲けも+25万あったがSPに変更したのでイーブンとなった。売りを買い戻してプット買い戦略に変更・・・
米国も減税がピークかと思うが予定が分からない。
まあ、負けなければ良しでボチボチ行こうか・・・・

IMSP投資法 負けない事が重要だ。

見切り発車かサプライズを期待も無いだろうが日系は大幅反発だ?
この記事はお昼に書いているので後場は見えないが、昨日までの下を気にする人も今日は慌てている。
上の警戒から補助的なポジションを作っておいたが、功を奏した感がある。しかし実際の利確スべきタイミングは難しい・・・
このまま2万円を窺う動きが出ても不思議では無く、逆に19000円に戻っても不思議ではない。
相場なんてそう言うものだと思えば気も楽だ。
2月物はなく3月ものだが、上にロールして損失が出たら、手形のジャンプに似て上で売りなおしているので最期は帳尻があうだろう?
IMSP戦略は急騰には弱いと見ていたが、昨日の新会員の人が作った新しいポジションは、いきなり急騰の先例に見舞われた。
しかし損失は出なく若干のプラスとなっている。
この戦略の強さが、改めて証明された。
基本売り戦略でファーが倍になってくる朝に負けていないポジションは勇気付けられる。

安全な所は儲からない・・

先物で負けた人は、もう少しゆっくり頭を使った勝負がしたい、ヘッジしながら安全に勝てる方法は無いかとオプションに移って来る人が多いようだ。
即ちATMは先物に近く恐怖心がありOTMはプレミアムも安く安全に見える?
先に負けたときのロスの計算が先になり、そこから戦略を建てる様になる?
当然に買ったときの儲けも少なく、勝つことさえ滅多に無いポジションとなる?
トレードは戦争に似ている?
いや戦争そのものだ。だから戦略があり、兵隊が必要で守りの城も必要だ?
遠くから矢を撃つばかりでは勝てないし、当たる確率も低い。
かと言って肉弾戦は苦手だ。
逃げ込む防御壕も必要だ。敵が疲れた時期まで遠くから距離をおいてせめて、追い込まれたら壕に逃げ込む・・・
肉弾戦は十分勝利を収めてから、勝利が計算できてから一気に攻め込む事にする。
主戦場はATMで、何処から攻めようと、そこしかない。
ファーで勝負しては勝てない。
主戦場で戦わないと一気に攻められて全滅だ。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR