スプレッドの妙?

先物は常にATM(アットザマネー)の取引だから、当然にサヤはない。デルタのみでIVも無関係だ。
オプションには行使価格があり、ATMの高いほうも安いほうも売買が可能だ。行使価格は125円ごとに決められており、デルタもベガもシータも関係してきて、それが価格決定の素因となっている。
125円で決まった行使価格の其々のプレミアムが微妙に高くなったり安くなったりしている。
其れが全体の行使価格の差にも出てサヤとなる。価格表を見ていても、その変化は感じられて実に興味深い・・・
オプションもネイキッド売買で単発の玉を持つなら、先物の売買と似ている。しかし通常は戦略的な複合ポジションを作ってトレードしていくので、どれも行使価格の違いと売り買いの組み合わせによるサヤが生じる。
これがオプショントレードの真髄であり妙味だ。
デルタによるプレミアムの増減、シータによる時間的価値の現象やIVの変化によるプレミアムの爆発・・・
先物に敵う利益を取れる場合もあるが概してその利益追求よりも、リスクヘッジを絡めた、守備的対応が可能になることが重要なことだろう。
既に知られている戦略は周知の如くだが、どれも実際にトレードしてみるとパッとしない。
時には優秀な成果を期待できるが、平均的に見ても評価は出来ない?
それではどうするかと言う事を実践的に研究している人達がいる。
続きは又後日に・・・・・・・・・・・・

浅学爺の日経225先物オプション考察

新規にブログを始めました。
不定期と言う事で始めます。気が楽なので、悪しからず・・・
明日はトランプ新大統領の就任式と言う事で、不人気の大統領なので、ことさらにケネディー暗殺事件などが、頭を過ります。
当然市場も警戒感はあるようで、今日の日経も重たい感じで推移しています?
又、就任演説で何かサプライズな発言でもあるのではないかと期待も不安もあるようです。
私は現在オプショントレードだけをやっています。
ポジションは複雑で間単には説明できませんが、IMSPストラテジーと言う、SQまでの戦略を包括的に志向した合理的な戦略です。大雑把に言えば複合スプレッドで、基本的にデルタはマイナス傾向ですが、上げにも結構強いポジションです。
一番は相場の下げに強いポジションで、勿論利益も出ます。
そんな良い話は無いと思われるでしょうが、あるのです・・・
私自身、負けることは月単位でも年単位でもありませんが、欲を前面に出す年齢ではないので、痴呆防止くらいを考えて丁度良い資金でやっています・・・
オプションはSQ勝負で戦略を練りますが、このポジションは前月のうちにポジションを取り始めるくらいです。
中身に付いては教えてくれる所もあるので、ここで解説することはしませんが、折に触れて関係してくるかと思いますので?
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR