FC2ブログ

ダウ2万ドル超えて、日経は?

日経2万円奪回の物差しとしてきたダウが、とうとう2万ドルを超えてきた?
まだ持続できるか、達成感から調整に入るかは見えない。
日経は悪い地合いを引き吊りながらも、300円ほどの戻しを経て25MAを捉えた。
オプションは俄かに忙しくなり、ロールも大変だ。
来週からはシータも厳しくなり、即剥げる方向に向かうので、売りも躊躇う余裕がない。
為替が付いていかないので、ダウが頑張る限りは、日経も渋々と付いていくのか?
SQ前は高値の600円台が節目と見ているが?
結構な利益となるか、逆にロールに失敗して負けてしまうか?既に150万の利益を出しているので、負けも無いかと思うが、気持ちの悪い動きが続いています。

矛盾を正すことは正義で、矛盾を平等化することが善人ではない。

今日は就任式が終わった後の、煮え切らない不透明感を反映したかのような下げに見舞われた。
週末のナイトでは高値で十分利確ができず、大きな利益を逃がしたが、売りなおした分で利益を得た。IMSPは下落相場でも利益が出るので、慌てることなく規則正しいメンテナンスをしていくだけだ。
相変わらずニュースでは、トランプ旋風が収まらずで世界中が反旗を翻しているが、選挙前にやれといいたいところと、民主主義を標榜する国までもが、選挙結果に従いたくないというなら、何をか言わんという気持ちだ。
国を分断したのでもなく、分断されていた国家を今更に晒しただけだろう?
国境に壁を作る?
不法移民を追い出す?
当然だろう、不法移民だろ?
其れが駄目なら、税関もいらない、反対派は何を言っているのか分からない?
移民がいけないとは言っていない。
其れが通らないなら米国もカナダも先住民に国を返さなくてはならない。
国境に壁があるのは当然で、世界中にあるはずだ。
果てしない努力と争いによって反映した国が、漸く辿り着いた国の富というものもある。
争うと犯罪ばかりでODAを食いつぶし、低い賃金でも、普通に暮らす国民が隣の国が反映しているかといって、潜り込んで、その富を平等に手に入れることが出来るなら誰でも入り込む?
国内で例えても、隣町には反映した金持ちが多いから、勝手に上がりこんで食卓を共に出来るだろうか?

デルタフラットの幻

オプションの優位性に売り戦略がある。
先物では買っても売っても方向が違うだけでデルタも動きも同じで違いは無い。

オプションの売りは、時間と共に価値が減少していく仕組みを狙う手法であるから、デルタを追いかけている必要は無く、売ったプレミアムは高くなれば損益、安くなれば利益と先物売りと同じだがSQに向かって時間が経過すればプレミアムは減少して原資産が止まったままでも、価値は減少していく。したがってデルタは消したいところである。
相場感の乏しいデルタに悩まされているトレーダーは、デルタを何とか押さえて、シータで勝負する戦略に魅力を感じる人が多い。
デルタフラット戦略だ。代表的なものはSS(ショーとストラドル、ショートストラングル)となる。
しかし売り戦略に付いては損益が限定ではなく無限なので、時には数億の損失を出して破産に追い込まれる人も居た。
当然ヘッジは必要だがヘッジが、効果を発揮するまでのグレーゾーンで負ける人も多い?
売り戦略は利益は限定なので、ヘッジにかけるコストもそれなりに抑えていかないと、利少損大という結果に陥る。
中々その綱引きが難しい・・・
あまり窮屈なポジションは、いざと言う突発的な相場の急変にメンテナンスが難しい。
デルタフラットに持っていこうとすると、一人でシーソーに乗っているようなもので、耐えず両方の重さの加減をしなくてはならず、基本的にSQまで持ち込んでいく、時間勝負の戦略なので、傾いたシーソーの修正は難しい。
それでも計算上は、あるいはシュミレーターで見ると、魅力的な形は出来ている。
間単にバランスを取ってSQまで持って行けると考え易いのだろう?
一旦デルタフラットの魔力に取り付かれると、相場が動いている時でさえ、デルタの動きを封じようとして、素直に相場を見ることが出来なくなっている。
勝てる相場も勝てなくなり、結果として耐え切れないデルタとIVの攻勢に大きな損失を被る事になる。
デルタは意識していれば良く、デルタフラットは通過点しかなく、そこで止めて於けるものではない。
デルタは止めるのではなく、ある大きな範囲(セーフティーゾーン)を構築して、その中での動きに留めておくという考えが成功するだろう。

スプレッドの妙?

先物は常にATM(アットザマネー)の取引だから、当然にサヤはない。デルタのみでIVも無関係だ。
オプションには行使価格があり、ATMの高いほうも安いほうも売買が可能だ。行使価格は125円ごとに決められており、デルタもベガもシータも関係してきて、それが価格決定の素因となっている。
125円で決まった行使価格の其々のプレミアムが微妙に高くなったり安くなったりしている。
其れが全体の行使価格の差にも出てサヤとなる。価格表を見ていても、その変化は感じられて実に興味深い・・・
オプションもネイキッド売買で単発の玉を持つなら、先物の売買と似ている。しかし通常は戦略的な複合ポジションを作ってトレードしていくので、どれも行使価格の違いと売り買いの組み合わせによるサヤが生じる。
これがオプショントレードの真髄であり妙味だ。
デルタによるプレミアムの増減、シータによる時間的価値の現象やIVの変化によるプレミアムの爆発・・・
先物に敵う利益を取れる場合もあるが概してその利益追求よりも、リスクヘッジを絡めた、守備的対応が可能になることが重要なことだろう。
既に知られている戦略は周知の如くだが、どれも実際にトレードしてみるとパッとしない。
時には優秀な成果を期待できるが、平均的に見ても評価は出来ない?
それではどうするかと言う事を実践的に研究している人達がいる。
続きは又後日に・・・・・・・・・・・・

浅学爺の日経225先物オプション考察

新規にブログを始めました。
不定期と言う事で始めます。気が楽なので、悪しからず・・・
明日はトランプ新大統領の就任式と言う事で、不人気の大統領なので、ことさらにケネディー暗殺事件などが、頭を過ります。
当然市場も警戒感はあるようで、今日の日経も重たい感じで推移しています?
又、就任演説で何かサプライズな発言でもあるのではないかと期待も不安もあるようです。
私は現在オプショントレードだけをやっています。
ポジションは複雑で間単には説明できませんが、IMSPストラテジーと言う、SQまでの戦略を包括的に志向した合理的な戦略です。大雑把に言えば複合スプレッドで、基本的にデルタはマイナス傾向ですが、上げにも結構強いポジションです。
一番は相場の下げに強いポジションで、勿論利益も出ます。
そんな良い話は無いと思われるでしょうが、あるのです・・・
私自身、負けることは月単位でも年単位でもありませんが、欲を前面に出す年齢ではないので、痴呆防止くらいを考えて丁度良い資金でやっています・・・
オプションはSQ勝負で戦略を練りますが、このポジションは前月のうちにポジションを取り始めるくらいです。
中身に付いては教えてくれる所もあるので、ここで解説することはしませんが、折に触れて関係してくるかと思いますので?
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR