仮想通貨はブロックチェーンが生んだ仇花か?

どういうわけか仮想通貨に関する相談が増えてしまい横道にそれていくようです><
先物オプション市場のほうは痩せていくばかりの状況下では仕方ないのかなとも思います。ちょうどFXで4億とか残した叔母さんお話がニュースになってFXの人気が爆発した頃の状況です。
あの時も先物市場が枯れてしまいました。それに伴って高い報酬につられてアフリエイトのエグイ広告が氾濫して簡単に儲かると思ってか狼の餌食になった人がいたようです。
FXのほうがまともで規制もしっかりしていると言う人もいますが、今では皆が知っているロスカット狩りなどは初心者を食い物にしていました。
一方youtubeなどで盛んに煽っている状況は当時と同じです。
みながアナリストのようなことを言っていますが、あの人たちはアフリエイトで飯を食っている人たちで、ICOなどに誘導してなんぼか貰う人たちで見方ではありません。
右を見ても左を見ても詐欺に近い怪しい話ばかりです?結果詐欺というのでしょうかな、未必の詐欺?
本物もあるはずで見極めていくしかないですが、歴史的急騰の後でしばらく調整が必要なことは仮想通貨市場だけではありません。もう終わった~と叫ぶ人もいますが世界的な規制(取り決めと見たほうがいい・・・)が出来上がってからのほうが本番かと思います。
ここからは極めて無責任な話になりますので予めお断りします。
(なんだお前もかと言われそうですな><)
仮想通貨を擁護するような話をすると変な目で見られるような気がしますが、社会現象の一つにまでなっています。大手金融機関や企業が参加する状況を前にして何も考えないというのも賢いとは言えません。
こちらの市場は基本的にトレードする必要はなく放置トレードのようなものですから簡単と言えばそうです・・・
必要なことはある程度の余裕資金と(大金がある人は別のやり方があります)時間の余裕?
待つことと我慢ですね?
10%上げたら売ってしまうという人は大金はつかめません。
勝ったら覚悟を決めて、PCも見ないと言う位でないと無理かもしれません。私もいくつか持っているので銘柄はの話はしませんが選択の基準をお話しします。
今の状況は時価総額ランキングの上位の者の中からの選択とメディアのお勧めに乗るやり方が多いようです。
何でも適当な理屈が付いて人気があるものならいいんだ、という選択方法は今までは通用したようですが、これからはどうでしょうか?
この不祥事や規制の噂が去った後の、夏頃からやってくる第2次のブームは、新規通貨の登場を待つ人が作り上げていくのでしょうか?
常に新規参入者が増えてくる状況も想定できますのでいくつかのパターンに分かれてくるのでしょう?
常にビットコイングループがフラッグシップを取っていけるのか?
最近になって手数料も安くなって取引スピードも改善されてきたようですが、ブランド力は定着しましたが先は厳しいものとみています。何といっても人気があるように見えてしまう価格ですが、発行枚数が2100万を上限としてしていますので、この時点で他のコインと比較すると100分の一くらいでしょうか?
価格訂正するとビットコインは1万円台ですから、多と比べても高くはないレベルです・・・
ですから何でも人気が出たらビットコインのように200万とかなると早合点してはいけません。コインの発行上限を確認してください。安いものはそれなりに理由があるはずです。現在10円のコインを見て、100万円位なったら総額で幾らになるなんて夢は持たないことです。
しかし単価が高いものは、購入するときに1つも買えずに0.?となるのは嫌なものです。時価総額から人気を図る考えは正しくは無いと思っています。
流動性が無ければ発行枚数が多くても単価は高くなります。それに発行枚数を単純にかけたのでは時価総額が大きくなってしまいます。最近では修正されたランキングがあるようです・・・
ブロックチェーンの機能を売りにしたプラットホーム系のコインは、発展改良はあってもすでに出そろってきた感があります。ブロックチェーンの機能は素晴らしいものですが、それが直接投資の見返りとして何をくれるのかが、しっかりと見えてはきません?
その上に何を載せてサービスできるかが今後の課題のはずです・・・
SNSに関連したサービスは即効性がありそうですね?
決済や送金は銀行から何かを奪っていくでしょうか?
自己責任で非中央集権ですから保障の面では難しく、クレジットカードの代わりはまだ最適な案は無いかと思います。
ブロックチェーンの台頭により銀行関係の世界は枯れていくようですが・・・
これかエアの若者の就職に関しても選択肢が増えてきそうですし、衰退していく分野もあるはずですから、今から考えておいた方がいいでしょう?
ギャンブルやブックマークの世界も便利になりそうです。
全ての面で手数料が少なくなり送金スピードが上がるというのは良いですね。
世界通貨の誕生で為替スワップや両替えなどの手間も省ける世界が始まりそうです。気が早いですが・・・
それまではゴタゴタモありそうですが先行したサービスは後者の追随を許さないとも思いますので、ここからの選択は厳しいです。
絵に描いた餅の中から、本当に食えるのはどれかを当てていかないとなりません。
最近バンキング系のICOがありましたが、投資したコインに配当が付いてくるものは良いですね。プラットホーム系では無理ですから。
ICOで金を集めてドロンというコインも多いようですから、実際にサービスが立ち上がるのかを見ていく必要があり、それは自分で納得できるまで調べることです。煽り広告でうっかり乗ってしまわないことです。
良いICOであればトークンセールまでに、賛同するスポンサーも付いているはずで、運営人もしっかりとした人物がいるはずです。
最近のICOでも運営がロシア人というのが目立ってきました。何か怖いので慎重に見ていますが・・・
アンダーグラウンド系のギャンブルやくじ系に多いようです?
秋頃からは日本国内のICOも出てきそうで、大手の企業によるものなら安心感もあり、かつてのNTT株のような人気も出そうです?
メルカリやラインなどの中からヒットするコインも出てきそうです。ファイスブックやツイッターなどの海外勢も同意ずいていますので
規制のしっかりした日本からのサービスに分がありそうです・・・
中国は国内資本の流失という理由から全面規制に乗り出しましたが、ここで出遅れると取り返しのつかない事態もありうるので、国が全面的に支援と規制した中国政府の管理した取引所を作る動きが見えてきました?
非中央集権が売りの仮想通貨を中央集権の権化のような独裁国家で運用するというのはどうなんでしょうか?
規制は認可が早い、先行した日本に先を越されてしまうという焦りがあるようです・・・
しかし人口が多くて投機好きな国民性の中国で、国が管理する市場が生まれたら、凄いことになりそうです?
中国初のコインやICOも視野に入れておくべきか?
金がいくらあっても足りないようですが、分散してICOには大金を投じないと戒めておかないと、夢に惚れ込んで寒い朝を迎える羽目になりかねません。
すでに現実社会で実績のある企業が発行する通貨というのは非常に少ないです。日本の大手銀行やラインなどの企業が発行するものはすぐに現実社会に生かされてくるので、仮想通貨とは言えなくなるようです。
ここ数年でずいぶんと景色が変わりそうです。インターネットが世界に与えた恩恵は計り知れませんが、ブロックチェーンに同じ夢を持つ人は多いようです。仮想通貨と呼ぶ今の減少はブロックチェーンから生まれた仇花のようですが、インターネットもアダルト分野が先行したように悪い部分だけを見てもいけません。何の果実を作り出すのかを見守っていきたいと思います。






雨降って地固まるというが、秋には日本晴れとなるか?

SQも近づいてポジションの変更もなく見守るような日々です・・・
ダウも2番天井かなと思わせる動きで注意は必要です。急落の傷も冷めぬ中戻しトレンドに入るかと思いきや往復ビンタでは可哀そうです><
片や仮想通貨市場も世界の金融当局による規制が決まっておらず、腰の落ち着かない状況です。
今日中国は国内からの仮想通貨市場へのアクセスを完全に遮断するとの方針を出し、オフショアからの取引も何らかの手段で制限したいようです?
出来る出来ないは知りませんが?
国内の資産を海外に移す動きを何とか止めたいということでしょう。必死のようです・・・
香港に拠点を置くバイナンスなどの交換所も落ち着かないでしょうが抜け目のない人たちでしょうから手は打ってあるでしょう。
こういう流れの中では、いくら破天荒な仮想通貨トレーダーでも少し落ち着きを見てG20の結果を見てからでも遅くないと思うのはまともな考えです。の本国内でも大手の企業がICOや取引所の参入を発表していますが、世界的な規制の方針が決まってからという流れは出来ているようです。
結局は先行した取引所も最後は大手に食われて吸収合併などの淘汰を経て落ち着いていくのでしょう?
ラインやメルカリ、SBI、楽天も名乗りを上げており、これらの大手の動きに便乗したほうが怪我がないようです?
かつてのNTT株のようなお祭りも見られるかもしれません。
規制は普通の銀行取引や株式市場、先物市場では当然のことで驚く事ではありませんが、過剰反応して乱高下しています。
この際にいかがわしいICOの規制が入り、詐欺コインの淘汰に乗り出して欲しいものです。
夏から秋には落ち着いて本格的なプロジェクトも始まり、市場の景色も良くなってきそうです・・・
ATMの手数料や振り込みの際の手数料って年間では相当な金額ですから、ラインなどで簡単に送金できたらいいですね!

すがる藁を間違えないで・・・

2月の仮想通貨の相場を火葬通貨と揶揄しましたが、この相場展開で大負けした人のことを焼かれたと表現するようです><
まだ未成熟な市場でもあり、規制も準備段階ですから大口の投資家のやりたい放題というところでしょう・・・
市場のインフラも未熟でトラブルが続出しており、右往左往する投資初心者も多いので乱高下に拍車がかかっています。
痛快の新規発行も増大し情報が氾濫、詐欺横行でまさに鉄火場と化しています><
今年はこのような状況が続くと見ていますが生き残っていくものは少ないと思います。こんな市場でもチャンスを見つけていこうと思う人は多いようです?
氾濫する情報に流されないように濁流の中でも何かにしがみついて行かなくてはなりません。確たる信念を持てる通貨は少ないようです。それでも乱高下はつきものですから価格にほれ込んではいけません。明日の価格は見えないからです・・・
価格操作も株式市場では御法度ですが、仮想通貨の市場は何でもあり、弱いものは食われてしまいます。そんな中でも安いものは下がりようもなく限界は知れています。高いものは下げる余地も大きいものです。屑なので安いのか。発行枚数が多すぎて安いのか見極める必要がありますが、何か1つ2つはダイヤモンドの原石となるものがありそうです?
新規通貨発行で資金が分散されていきますので、収斂されて本物に資金が集まるのは数年後かもしれません・・・
金持ちは高価なコインに集まり弱者は安いものに集まりますが、弱者の欠点は真稔がなくすぐに手放すことです。移り気で新しいものに目が行きます。今日の信念は明日は別のコインに代わっていきます。
仮想通貨の市場がどこまで伸びるかは全体の時価総額の伸びを見ていきます。FXと同額なら凄いことになりますが数分の一でも想像できないスケールでしょうか?
それがピークアウトするまではゴールは無いものと見ますが、ここ1年2年は規制と情報過多、インフラの適応が追い付かない状況は続くと思いますので、目先の情報に流されないで自分の選んだコインがある人は、どうして上がると思うのかをしっかり考えてしがみついて流されないことでしょうか?
市場が数倍に膨れ上がるとしたら、どこが儲かるのかを考えてみましょう・・・

仮想通貨に対する個人的見解

前回の記事でご紹介したザフトが急騰して2円に届く勢いです。それが理由か分かりませんが、メールでのお問い合わせが多いのでブログで浅学問答のようなことを話しておきます。どんな相場でも共通していることがあります。チャットなどを除いてみると日々の上げ下げでキャーキャー騒いでいる人も多く、投資の初心者が多いなと感じています・・・
私自身仮想通貨のプロでもなく興味半分の隣のおやじ見たいなものですが、相場を見る目や見方は年季が入っていますので多少は役に立つのかなと思います?
まず現在騒がれている、これから騒がれていくだろうICO新規発行コインは新しい技術が開発されていくものではなく99%くらいが既存のブロックチェーンに便乗した?(口が悪いですが・・・)トークンと呼ばれるものです。その方が難しい技術や開発期間も資金も不要ですから便利ですね・・・
イーサリアムやビットコイン、ネム、リップルなどの先行した技術を利用して、そのうえでサービスを展開するという理屈です。
それが悪いということでもないですが、普通に考えると先行投資した過程がなく、あえて言えば技術者も不要で宣伝マンがいればいいというような一つの商法になっています・・・
普通であれば法的な縛りがありますが、何の規制もなく公開前の株券を宣伝だけで売り払うわけですからリスクがあるということです。まあ、それを承知で買う人が大半ですから釈迦に説法ですか><
それはそれとして、その中からどうして本物を見つけるかという立場をとれば?(勧誘しているわけではありませんから・・キッパリ)
どのコインが優れているとか将来性があるとかyoutubeを毎日騒がせています。昨年はほとんどのコインが病棟しました。買ってさえいれば儲かったので、そこに手法や戦略はありません。自慢してアナリストになった気分でいる人が多いようです・・・
技術は日進月歩で追う抜かれてしまえばただのゴミです。ゴミにもならないですか><
またそんな奥深くまで研究してコインを買う人も稀です。美人投票みたいなものですから?企業活動であれば技術や売り上げが株価に反映しますが、仮想通貨はその根っこが紐づけられていない無関係の代物です。
ではどうしたらいいかというと、この市場で1番儲かっているところを探すのです。最近ある事件で尻尾が見えましたね?
開業して数年の会社が460億円もの現金を持っているということを知られました。これは凄いことですね!
しかし誰でも交換所を開設できるものではありません。SBIやUFJ、ラインなどが参加表明し実際に動いています。
1番儲かるのは取引所ですね。FX市場の半分でも3分の1でも取引量が増えてきたら、とんでもないレベルになってきます。
そこで取引所が公開しているトークンが狙い目になります。仮想株券のような感じだと解釈もできます。中にはトークンを使うことにより手数料を割引したり、ボーナスを付けたりと、株主優待券のような特典を付けたりしています。
この独自トークンは技術の売らず卦も競争も不要です。騙されることもないでしょう?取引所の業績が伸びていけばおのずとトークンも上がっていくはずです。そのトークンが1円という安値で放置されているからもったいないなと思っただけです。
魑魅魍魎が跋扈するICOの情報に騙されないで、こういうところを探したほうが安全で良いかと思います。千円でも1万円でも買えるレベルです。
あまり高くなっては意味が薄れますが、これからも取引所はオープン予定です。SBIやラインなどのトークンが出たら狙い目かもしれません?
18年はそういう年になりますのでチャンスはまだ多くあるということも言えます・・・
仮想通貨の宣伝マンのようになりましたが興味がある人は勉強くらいしても損にはなりません。急騰した市場が暴落レベルの調整で立ち直ろうとしている今が最後のチャンスかもしれません・・・

仮想通貨言いたい放題

反響が多く仮想通貨ブログになってしまいそうで怖いところですが、ネタを考える手間が省けてうれしい部分もあります。
ちょうど相場のほうが膠着気味で暇なことも有り仮想通貨市場をウオッチングしています・・・
今日は久々にビットコインが「100万円を回復して、それに続けとばかり皆上げたという感じです。企業の株式のような営業利益などでの算定ができない分、噂や嘘の扇動で値が動くのが常ですが、今のところビットコインに続けとばかりの大行進で、上がるも一緒、下がるも一緒という有様です。
結局は何を買っても同じという類の市場になっています。
今年は新規発行コイン(ICO)もピークになりそうで嘘八百、信じる者は救われる、皆で赤信号を渡る年になりそうです?
元来が投機市場でありブロックチェーンの優秀さとは別の副産物のようなものだと思いますが、インターネットの副産物でもあり、かつてのオランダのチューリップがグローバルに展開されたということでしょうか?
これが本物の革新的技術と結びついているから厄介です。
この投機市場に道徳や正義や個人の権利を持ち込んでくるとさらに厄介です。
仕手相場に個人の権利や補償を求めるなら参加しなくてよいという意見もあります。自己責任で始めたことに国家の補償を求めても仕方ありません。博打場に自ら進んで出入りして負けたから補償しろというようなものか?
規制が厳しくなる前に合法的?に金を頂こうという輩も多くなっていますのでご注意を・・・
既にICOは昨年までに大半のものは終了しており、これから出てくるものは怪しいものばかりと思うほうがいいです。
現在プレセールを終了したフィリピンの仕送りの手数料などを材料にしたコインなどは、メディアで大量の告知をして多くの資金を集めたようですが、なにもフィリピンの出稼ぎ労働者が母国に送金するのにこれから始まるという特定のコインに両替してから送る必要はなく、他のコインでも可能であり意味がないことです。まして国が取り決めるものなら、ああ、そうかと納得も行きますが?
他国でもらった給料をコインに変えなければならず、そもそも海外に取引口座が無くては通貨をコインに変えることすらできません?
しかし大量の資金を集めたようで、その後その資金は何処に行くのでしょうか?
来年あたりはICO関連の詐欺事件などが多発するような気がします・・・

コインを選ぶならば、先に触れた投機市場であるということを認識しておかなけらばなりません。そして実際にそのコインがきちんとした目標を掲げているものであり、社会に還元される技術なりサービスを内包していることです。そしてもう一つは発行する団体なり組織がしっかりしていること。さらに加えれば同じ内容のものがない独自性があることです。
同じ部類のものが多くては人気は集まりません。ブロックチェーンの技術の内容に深く入り込んでも大衆の理解は進みません。
業績という感覚がない市場ですから人気がどこに集中するかは見えません。取引所が多く知名度が高いものが優先的に人気を集めますし、買いやすい価格というものもあるでしょう?
100万円のコインが100倍の1億円になる夢を持つより、1円のコインが100円位なることのほうが現実的です。多くの資金がある人は100倍になることよりも確実に30%増えることのほうが重要でしょう。
コインの技術や特性の違いは収益とは無関係なところにあります。結局は人気投票の類でしかないので、割り切ってみることです。購入者の大半は人の集まる所に集中するだけです。
今年は多くの被害者と長者を生み出し、来年に事件や難問を先送りする年になりそうです。
ただし未曽有の投機市場が生まれているということは正しく、その中で資産を増やすチャンスもあるでしょう?
私が個人的に考えてみる事は、混乱の市場の中でまさに伸びていくのは『取引所』そのものです。
低金利の中で既成の金融機関が喘いでいます。その中で多額の差益を生み出している市場はここしかありません。すでに大手の金融機関や企業が目を付けていることは周知の事実です。
ならばどうするかと言えば、着目すべき材料があります。
取り引き所自体が発行しているコインです。これ自体が御法度のようなものです。自分で紙幣を発行しているのと同じですから?
まさに金の成る木ですね・・・
成長著しいバイナンスという取引所があります。数年で世界屈指の取引高を上げていますが、そのバイナンスの発行するコインがBNBコインで現在の価格が1180円です。これを企業の株式と置き換えたらどうでしょうか?
一方すべての取引所が自己仮想通貨を発行しているわけではありませんが、概ねそういう形になっていくことは見えているでしょう?
世間を騒がしているコインチェックの衰退でクローズアップしているのがビットフレックスとザイフです。ザイフは自己通貨の発行をしています。これは数日前から急騰しておりますが現在1円30銭程度?
これから取引所の隆盛が続くならば数百円のレベルはあっても可笑しくありません?
そう思うのは私だけでしょうか?最近入会した会員もザイフを(ザフトコイン)狙ってウオッチングをしているようですが上手く買えたでしょうか?
人によっても着眼点は色々ですが、あとで後悔しないように自分で納得できる材料を見つけて投資すべきです。
人気投票ならばアイドルのライブに行きグッズを買う行為も同じで、好きなことや物に投資するならばそれが自分の手に入らなくても後悔はしないものです。その程度の範囲で投資すべきで生活を掛けてはいけません。
夢は寝ているときに見るもので、仕事もやめて昼間から見ている人は病気です。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR