オプションを選択する意味はどこに?

金融商品は多種あるが個人が選択していく場合には、やはり投資金額や証拠金などの条件から選択していくわけだが、
では先物と先物オプションではどういう選択肢によって選んできたのだろうか?
先物ラージ1枚とオプションの複合ポジションを持った場合は粗同じ資金が必要だ。ただし取引回数が先物のほうが多くなる傾向があり動きも派手なのでオプションよりも多いと感じる。
同じ資金量としても被害額は大きくなり結果としての投資資金が多く必要となる。
そこでリスク限定という先物にはない選択肢があるオプションが好まれる。先物の大きな変動からくるリスクに懲りた個人投資家は
それほど多くの利益は狙えないが安全なほうがいいと思い込み始めます。
相場が動いても動かなくても利益になる戦略があり、コストを抑えてリスクも限定です?
相場観は不要で、そもそも相場観に頼らないトレードがオプションの神髄です?
果たしてそうでしょうか?
あなたがポジションを持つときには必ずあなたなりの相場観は入ります。膠着でも緩やかな上昇でも同じです。選択しているわけですから?
ただし曖昧な選択として問題を濁しているだけです。
これによってどんな相場にも対応していけると錯覚してしてしまう人もいます。上か下かはっきりした選択を避けて、曖昧な判断をすることが柔軟な対応ができる戦略だと思い込みます。
あるいはコストを優先して、負けてもコスト限定で損失は軽いと言うポジションが好まれます。
初めから戦わない戦略で参加費は毎回取られますし、おそらくは負けこんでいきます。
負けても被害が少ないという選択が1番先に来るわけですから勝てる確率は少ないでしょう?
それでも先物のように上か下かの50%の決断よりは気が楽です・・・
このように負けても被害は少ないというスタートから、やはり負けていくわけです・・・
当然ATM近辺は触りません?
遠くのコスト安いオプションを好みます。特にプットのOTMを好みます。
戦略自体もOTMですから常に主戦場であるATMから離れていますので、相場が比較的コンパクトな動きの時には射程外に放置されます。
概念ですがオプションのATM2枚で先物1枚と同じ動きをします。シータとベガが大ざっぱにプラスとマイナスに作用しますが、これで先物に加えた戦略が組み込むことが可能なことになります。
第4次産業革命と言われる時代の中でリスクは常にありますが、目線は上を見つつリスク管理を行えるならばポジションは先物の効果を上回るほどの戦略が必要です。
シュミレーターは趣味レータとも言えて、結果の形を想定したものです。結果には導きません?
ポジションの最小の駒である個別のオプションの動きを常に頭に描けるような訓練が必要です。私のポジションはシュミレータで見たら滅茶苦茶です。
それで良いのです。分解された個別の動きが頭の中にあるからリスクを除いたり、利益を取り出したりと、そのつどの対応が可能です。
ヘッジのポジションはメインの守りです。しかしヘッジのポジションをメインにしてしまう人が多いものです?
妙な安心感があるのですね?
ヘッジと言っても相場がその方向に動けば利益にはなります。この綱引きが動機となって少ないチャンスが今回は訪れると錯覚してしまうのでしょう・・・
メインの戦略があって初めて補完のヘッジポジションが必要になります。メインの戦略の欠点を補うものです。
メインが生きてるのに裁量で利益の出てきたヘッジを外してしまうのは本末転倒です。メインを解消する事態に及んでからヘッジと相殺します。これが基本です。
現在自分が取り組んでいる戦略は上と下をヘッジして日中のザラ場で先物買いという戦略です。押し目買いの噴き値売りの基本です。ヘッジもATMからのポジですからデルタには強めです。相場がどちらかに動くと想定したらヘッジのコストは片方になります。
50万円のコストならば片方の25万円をメインで,或いは逆のヘッジポジションで取れればいいわけです。
相場が大きく動けば動くほど有効です。
リスク限定という言葉は魅力的ですが、やはり勝たなければすべての意味が無くなってしまいます。

勝ちと負けの割合がサヤ・・・

暫く放置したようになってしまったブログですが、本家のブログと差別化をしたい為のでネタ探しで更新が遅れてしまいました。
相場のほうが動きが出て、SQ前特有の怪しげな仕手っぽい展開です?
相場の世界では何でもありで特にSQ前は結果が正しいと言うことになります。
後からつけた理屈には何の意味も価値もありません。
ですから理由や材料をまともに考えて答えを導いていくと、とんでもない結果にぶち当たります。
またそうしたがるまともな真面目な人が多いのも事実です。
どちらかに総てを賭けられない事情がある限り儲けもそれなりです。
大当たりは滅多にありません。方向修正をしてこれからだと言う時まで都合良く相場は待ってくれません。
相場の大きさも同じです。100メートル走かと思って走ったら400メールだった。
総てに置いて100点を狙えませんが30点60点を積み上げていく方法はあります。
相場は難しいのではなくて難しくしてしまう人も居ます。勝てなかったことと難しいと言うのは同じではありません。
20000円コール買い20500円コール売りの単純なスプレッドでも、これを建てる人によって結果はさまざまです。相場が21000円位なっても負ける人は負けます。
それはこのスプレッドが悪いのではありません。
またこのスプレッドが難しいのでもありませんが、負けた人は難しいと思うのでしょう?
利確もLCもしないでSQまで持ちこもうとする人、先物のように小さな利益を取ってすぐにポジションを閉じる人・・・
スプレッドは必ずどちらかが利益で逆は損益です。
其の利益が出たほうだけ取って残りは相場が反転するのを待ちます?
こんなことをやった人は多いはずです?
要するにサヤで稼ぐのではなく、全部取ろうとするわけです。裁量のなせる業ですが、それで失敗して散々懲りた人がいます・・
そんなことが可能ならば先物をやったほうがいいとよく言います。先物で負けてオプションに来て地道にやろうとする人は,そういうことは厳禁です。
会員でとても人気者の人が居ます。私自身、彼が居ないとチャットも暗く感じます。
とても陽気な人ですが、突然消えたように寡黙になります?
あれ?っと気が付いた頃には怪しげなことをやっています・・・
彼曰く『私が静かなときは多分反省会を一人でやっているときです』そういうことです・・・
最近もとても反省して退場寸前まで行ってしまったと言い、落ち込んでいました。
私もきつく言いましたが、基本に返って出直しますと皆の前で宣言しました。
其の彼がここ数日また沈黙に入りました?
やれやれ、また何か?
と思って呼び出したら、裁量トレードに熱中でしたが、これが大当たりでした。
210万ほど利益が出ているということでしたので、おめでとうと、早く利確してと言い、彼もそうしますと・・・
沈黙・・・・・・・・
また、片方を外しました><
ここらが天上で押したところで売り玉を?
こういう考えでした・・・
思ったとおりです・・・・
更に相場は上がって裸の売りは値洗いが悪化・・・
ようやく手仕舞いで70万が消えました。それでも勝てたから良かったですが・・・
しかしこれが最悪なのです。
こういう経験は最悪の経験を忘れさせてしまい、必ずまた土壇場で同じ事をやる誘惑に勝てません。
派手に負けて派手に勝つ、しかし積み上がるものがありません。
何を積み上げていくのでしょうか?
経験を積み上げても腹は膨れません。
良い人だけに、会員で居るうちに地道な方向に舵を切れるまで見届けたいですが、相当難しいようです・・・・・





自分の中にある壁を乗り越えて・・・・

早いものでオプション研究会会員のの活動開始から1年半が経ち、皆さんと毎日切磋琢磨して極めて実践的な勉強をしてきた。
其の中から常に感じながらオプショントレード習得の高いハードルとなっていると感じていることがある。
、どうにかしてこのハードルを飛び越えてくれることを念じているが、人の根本は人の心の中に潜むことでもあり難しいと感じている。
先物からオプションへと戦場を変えてきて戦略やギリシャ文字に拘る人は多いが、其の前に重要なことがある?
先物ではロスかっとと言う作業は常にある。
オプションでは初心者はネイキッド売買も多いだろうが、通常の戦略はスプレッドとなる。
だれでもポジションを建ててからSQないし適時利益確定までの間は、ずっと利益プラスの展開が良いだろう?
しかしそんなことは稀で、期中の損益の時間はある。これが先物であれば-20円-30円でロスカットとなる。この癖と習慣はオプショントレードに置いては障害となる場合が多い。
特に先物デイトレでやられた経験が深い人はそういうケースが多い・・・
あらかじめ損益限定のポジションでも相場展開では予想外にドローが膨らむ時がある。
シュミレーターで確認した予想よりもだ?
これに耐えられず、もっと良い方法があるはずだと損きりに走る人、構わず先物を当てて損失を食い止めたがる人。
先物を当てても外すときに更に大きなハードルが待っている事は経験則から十分分かっていてもやってしまう。
SQではこうなる其の結末はシュミレーションができていても、期中のドローで討ち死にしてしまう人は多い・・・
資金的にもメンタル的にも余裕がないと言うことが原因だが、それは本人が克服していくしかない。
そういう人に限って結果を急いでしまう。
大きく勝てなくても最初は手堅く勝って終わる・・・・
この経験がメンタルも資金も大きくして強いトレーダーになれる秘訣だ。これしかないと断言できる。
資金が多いと言うことはトレードにとっての大きなアドバンテージである。なかなか負けない勝負ができる。
少ない資金なら手堅く、それなりのポジションを建てて始めればよいのだが、資金の少ない人ほど目いっぱいのポジションを作りたがる。最低限のポジションでも資金いっぱいならばそれはポジションを持ってはいけない人で、其の手前の準備の段階だ。
この事にポイントを置いてスタートから形を作っていかないと、何時も切羽詰った勝負の繰り返しだ。
優れた戦略も実行し完遂する能力は個人差がある。初心者がそこに不要なハンデを自ら背負ってしまっては勝てるはずも無い。
スキルではなく、それ以前の問題で挫折してしまうのは不憫だ。
そういうことを良く感じる・・・・・・
反面、例外的に新人の中でも我慢強く淡々と学習している人が居る。
背伸びしないで正直に自分の実力を認めて頑張っている。この人は数年で資産を築く可能性を秘めた人だなと感じる。



カオスの時代にリスクを自分が扱える範囲に収めていく・・・

こちらのブログの更新が出来なくて日が空いてしまった。世界はまさしく変化の中にあり、相変らずの暢気な島暮らしの日本人は世界の何処の出来事でも、テレビの中の出来事のように受け止めているようです?
唯一つ敏感にリアルタイムで返ってくるのは相場の中だけです。
あらゆる出来事に対して、専門家と紹介する? コメンテーター、アナリストが登場します。まあテレビ局がセットした学歴と経歴は文句が付かないような人物なのは間違いないでしょう?
初めから専門家と紹介されてしまうので、一般の人は自分たちよりも早い情報や、専門の分析が可能な別格の人たちと思ってしまうのが困ります。
中には見識のある優秀な人もいるのはわかります。しかし情報は自分でしっかり分析して受け止めないといけません。
特に市場関係のアナリストはまったく当てにならない人や情報が多い?
そんなことを言ったって、(分析できる能力も時間も無いよ・・・)
それはそうです。
だから信じないことから始めます。
相場のことはすべて過去の分析から、未来もこうなる可能性が高いというアノマリー理論のようなロジックで成り立っています。
それも間違いではないと言う結果があるので、ややこしくなります。
こうだろうと言う想定に金を賭けて行くのがトレードです。逆に間違えたらにも資金をかけます。用意周到に・
これは比重であってヘッジが勝れば、それは逆に掛けたことになり本末転倒になります。
中庸では安全ですが、どちらにも掛けなかったことに等しく、参加しないほうが良いことになります。
ここで何時も思考が止まります。ゼロサムですから当然です。
先物で考えたら分かりやすい?
先物を買ってヘッジに先物を売ってみたら?
馬鹿なことですね・・・
カバコはどうでしょうか?
ある範囲と条件下では有効になりますが、あまり評価は高くない。
ヒントをあげましょう・・・
ヘッジのコストがゼロであったら?
さあ、どうなるでしょうか?
リスクを皆無とすることは難しいでしょう。
しかし自分お手に負える範囲に収めることが可能なら、それは非常にアドバンテージとなるのではないでしょうか?
IMSP戦略は自分でも扱える範囲にリスクを限定していくと言うことと言えます。
既に多くの人が実践して認めておられます。

オプション研究会の卒業生

オプション研究会の卒業生として公式に認可して、皆で送り出すことが出来た、HN(ハンドルネーム)ゆふさん、から卒業の言葉をいただいたのでブログに掲載しました。親ブログと重複です。
かつてデイトレード養成塾において、このような卒業分を頂いた敬意も在りますが、大変うれしい記憶とし思い出すことが有ります。
後に続く人のために励ましと、本人の感想を素直に述べていただきました。
入会当時から異質な特別な雰囲気を持った人で、私も良い意味で指摘して来ましたが、そのとうりの道筋を歩んできました。
素直な性格と自分を律することの出来る、トレーダーとしての重要な基本が備わった人でももありました。今では独自の投資スタイルを持ち、IMSPを冷静に基本道理に運用できるスキルを身につけているといえます。
今では、ゆふさんが1億円勝つと言っても疑う会員は居ないでしょう・・・
寂しい限りでもありますが、もう教えることもなく研究会のためにも多く貢献していただきましたので、ここで卒業の記念とお礼の気持ちも込めて、ゆふさんの卒業分を掲載いたします。全文です。


先生、4カ月間本当にありがとうございました。感謝の気持ちを込めて、未来の会員さんに向けて4カ月間を振り返りながら、寄稿させて頂きます。お約束通り、月間100万円越えと、1年間勝ち続けてブログ開設をした際には、またご連絡させて頂きます。以下、卒業文です。

こちらをご覧になっている方には、様々な手法で取引されている方がいらっしゃると思います。相場観やテクニカルで勝てる人はそれで良いでしょう。しかし、そんな人は稀ではないでしょうか。私も、相場観はありませんし、テクニカルのことは全然わかりません。研究会で先生に言われて一番印象的であった言葉は、「相場観で取引するならオプションより先物をやった方がいい」です。以来、私は、取引に相場観を入れるのをやめました。それで、安全に安定して勝てているわけですから、今後どんな相場展開が来ても負ける気はしません。オプション研究会は研究会ですから、大半は自分で相場から勉強することになりますが、安定して勝てるようになると、見えなかった世界が見えてくるかもしれません。

私は、昨年12月初旬にオプション研究会に入会させて頂きました。
当時の私は先物取引歴1年弱で、自分の勘と掲示板情報で取引していて、何となく勝っていましたが、トランプラリーで大きくやられてしまい、自分は向いていないし、勝てないけど、このままなのは悔しい、これは誰かに教わらないと勝てないと思っていました。
こちらのブログを昨年夏頃から見せて頂いていて、感じるものがありましたので、これまでこうしたものを申し込みしたことがなく、勇気がいりましたが、思い切って申し込みました。

オプションに関しては、買いを少しだけやったことがある程度で、売りは経験なく、システムも何となくわかっている程度、シミュレーターも全く使ったことがありませんでした。
入会当初はチャットの会話に全くついていけず、とりあえず先生と同じポジションをとり、オプションを始めていきました(オプションを知らずに売りポジションをとるのは、今思えば、危険すぎる行為でした)。先生に教わりつつ、オプションブログなどで勉強していきました。日中は仕事がありましたので、夜間や週末にやりました。そして、先生に苦労をかけて、マニュアル作成を決意させてしまったのは私です(今となれば良かったと思いますが)。入会から2-3週間程度でチャットの会話になんとなくついて行けるようになり、マニュアルも理解できるようになりました。
オプション研究会では、チャットで先生や会員の皆さんと議論したり雑談したりしながら相場と向き合っていきますが、雑談もとても面白かったです。研究会では、私は、日中は突然現れてすぐに消えるため、日光仮面と呼ばれていました笑。
 
 この4カ月間の利益は、おおよそですが、12月30万、1月15万、2月30万、3月80万で、入会から4連勝しています。維持証拠金は200-300万程度でした。3月は、海外旅行の都合で2月分を早目に終わりにして、3月分を早目に組んだため、利益も多くなりました。私が入会当初から目指してきたのは、毎月必ず勝つことでした。それは、負けないようになれば、あとは資金を増やすだけで利益も増えるからです。難しい目標だとは思っていましたが、そうでなければ一人で相場と戦うことはできないと思っていました。
12月は相場観が当たり、たまたま勝ちました。1月から本格的にIMSP戦略を自分で行いはじめ、色々失敗しながらも辛勝しました。まだまだ改善点はあるものの、2月からは安定した横綱相撲で勝つことができています。本業がありますので、暴落に強く、メンテナンスをあまりしなくてすむようにも組み立てられるIMSPは私にぴったりでした(私は放置していることが多いので、先生からは死んだふり作戦と言われています)。
 このように書くと、IMSP戦略で勝つのは簡単なように思われるかもしれませんが、私は(研究会では変わり者扱いされています)もとがゼロからのスタートであったため、教わった通りに基本に忠実に行うことができ、それが良かったようです。IMSPは打つ手を間違えなければ必ず勝てる、詰め将棋のような戦略です。性格もオプションに向いていると自分では思っています。

IMSP戦略で今後も勝ち続け、月間12連勝してブログを開設するのが今の私の目標です。先生、研究会の皆様、4カ月間本当にありがとうございました。

 ゆふ 拝
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR