火葬通貨協奏曲2

まさに火葬通貨になってしまいそうな現状だが、騒いでいるのは初心者食らうだろう?
あれだけ短期間に上げたのだから急落も当然で、調整には日柄もかかる。このブログでは自由に書き込めるが本家のブログでは他の市場のことは書きにくい><
市場と言っても投資市場ではなく今のところは投機市場であるが・・・
ロシアをはじめ外国の政府もブロックチェーンの仕組みを利用した暗号通貨を発行する構えを見せている・・・
もっとも今の暗号通貨とは本質が違う中央集権で管理をするもので、現在もあるプリペイドマネーの類になるだろう・・・
国境を超えたグローバルな通貨とは違うものだ。中央が管理したのでは、おのずと国境のような管理の壁ができてしまう。
急騰急落が大きいと言って非難しているが、そもそも上下しないものならだれも買わないだろう?
本末転倒の考えがまかり通っている。
隆盛のビットコインもその役目を終えつつあり価格が高騰したために手数料が大きくなり決済送金のスピードも使い物にならないくらい遅くなった。
詐欺も実際に多く2000あると言われるコインの80%は怪しいものだ。
世界も誰もが投資しやすいのは時価総額が多いポピュラーなものになっていく。そういう意味ではブランド化したビットコインも捨てきれず浮いたり沈んだろしていくのか?
コイン市場の動きはすべてがビットコインの上下に連動した動きになっており、まだまだ黎明期の動きから抜け出てこない。
本との実態がつかめないので赤信号皆で渡ればの投資法しかないような現状である。
いまや株価も天上にきて、これが崩れてきたら世界の余剰資金はどこに向かうのか?
今暗号通貨の市場は世界の投資資金の1%しかないが、この騒ぎである。
末恐ろしい世界だが、負けても痛くない資金を投げ込んでみる勇気がある人はやってみたらいいかと・・・
取り引き所などの課題を含んでいる市場だが逆に安い今がチャンスなのかもしれません。

仮想通貨元年の狼煙は上がったが・・・

昨年から仮想通貨(ビットコインを代表とする)の台頭が目覚ましく株式市場やとりわけFX市場からの参入者が多く既存の市場から個人投資家が移っていくらしい?
FXの時もそうでしたが俄か長者が生まれてyoutubeなどもにぎわっています。数年前のマウント何と矢らの詐欺事件が水を差して、眉に唾を付けて眺めて終わってしまった人が多いらしいです。
現金なもので儲けた人は、その極意とやらを大きく宣伝して指南どうなる類のサイトを立ち上げたりSMSで拡散したりと、いつものような騒ぎです・・・
宝くじに当たった人がその道を説くというような、にわか宗教に似たアホな道理がまかり通っています?
少し真面目に考察してみると結構面白い展開も予想されます。
既に仮想通貨の市場は世界で70兆円に達しており、代表格のビットコインは時価総額30兆と言われています。
これは実にトヨタと三菱UFJを足した金額です・・・
もう詐欺だのインチキだのとは言っていられませんね?
通貨不安のある国では規制に乗り出しており中国や韓国が筆頭です。逆に規制に入るかと思われた日本では法的にも認知されてきており、SBIや三菱UFJなどは積極的に乗り出しています。
こうなるとアジア圏での仮想通貨市場の覇権は日本にあるというシナリオも想定できます・・・

通貨の移動に関してはコストと時間の短縮、秘匿性?もう一つの大きな原動力は投機性ですね・・・
実需の分野と投機性が上手く被っていて企業だけではなく一般庶民の共感を得やすいということでしょうか?簡単に言うと射幸心をあをる上手い材料と言えます。
時価総額上位の全てと言えるほどの銘柄が上がったので、うまい下手もないのですが買わない人は儲からないという理屈で今年はさらに大きく膨れ上がりそうです?
安いからと言って草コインと言われるものから金の卵を探す動きも多いですが、知名度と流動性が無くてはお金が集まらないという原則があります。
皆が知っているものが上がるわけです。投機に走る人は研究家の集まりではありませんから?
当分はビットコインのトップが変わらないとすれば、その時価総額を割ってみたら、どのくらいまで行くか可能性は計算できます。
現在130万程度まで戻したビットコインの時価総額の3分の1くらいのアルトコインが価格が300円程度では人気があっても100万位はならないということです。
お勧めしているわけではないのですが、お尋ねのメールも多いので簡単に所見を書き連ねました。
今年から第2ステージに入り上がるものと淘汰される選別が始まりそうです?数年持つなら面白い市場かと思います。
1円以下のコインもあるので、捨てたつもりで数年持つ覚悟でやることには反対しません・・・

2年を振り返って、その1

オプション研究会も約2年を迎えようとしています。今までの確立されてオプション理論から外に向かい理論でもなく戦略としてとらえてきたことは、大いに有意義であったと自負しています。
いまでもチャットで熱心な論議を交わしたことを覚えています。それで何を生み出せたかというと確たる完成戦略はありません。
どんな相場でも、この戦略1つで儲かるかつ勝率が高いというものはないからです。思えば長い膠着相場からていIV時代に・・
今はデルタ高騰のボラタイルな相場に一変しました。オプショントレーダーの多くはシータ崇拝の売りてトレーダーです。ヘッジしながらシータ確保してSQで勝つという流れが好きかと思います。研究会ではすべての戦略を勘案しながら常に新しいものにチャレンジしてきました。
私自身は先物出身で先物のパワーに勝るものはないので、常に比較してしまいポジが大きくなってしまいます。あれやこれやも含めて、今迄の活動を振り返って何を残せてきたのかを考えました。
最初の大きな作業はリスクを減らすことでした。先物であれば単純に五分五分のチャンスとリスクでわかりやすいです。あとは裁量による利益確定とロスカットが上手くいけば良しということです。先物はどこを売っても買ってもATMなわけですからリスクとチャンスを同時に抱え込むことになります。
オプションとて同じなのですが、リスクと利益を限定することによって加減することが可能なわけです。
オプションの買いであればリスクはプレミアムの分だけです。しかし狙い通りの時間内に動かなければ利益も出ないで負けてしまうかk率は大きいです。
先物は10円動きても利益です。逆にポジションの逆に10円動いても損失です。動かなければ損失も利益もありません。
オプションには動きがないことで利益が出るポジも損失となるポジもあります。これらをうまく組み合わせれば、よい戦略が可能と考えるのは誰でも同じでしょう・・・
相場には上と下しかありません。しかし停滞という狭いレンジ内の揉みあい相場があります。上か下か揉みあいか、この3つの動きの繰り返しで永遠とつながっていきます。
理想は先物の大きな利益を狙って、且オプションでリスクをカバーするということを考えます。
組み合わせて作るというごく自然な発想は誰でもあります。研究会ではそうではなくて作らない、ポジションを持たないという基本理念を持つことからスタートしました。
リスクは相場の急落にあると感じる人が多いでしょう?
逆の人は稀かと思います。実際は急落後の押し目買いや甘い判断で天底を狙ってしまうことにあります。好調な上昇相場でも大きな損失を出す人は多いものです。
ここで相場を下落をリスクと捕らえてみるとオプションではどんなことが言えるでしょうか?
相場が急落して損失となるものはプットの売り、コールの買いですね・・・
大ざっぱですがリスクを半分にするということは、半分を捨てれば良いことです。
プットを売買しないと言えば簡単です。プットはプレミアムが高く売りには魅力が大きいものです。急落と言っても財産を失い退場となるような暴落は数年に1度でしょう?
そう思って高をくくってプットを売る人が被害者となります。IVが高くなった時を売るのがセオリーです。それをさせるのが身勝手な裁量です。
自分で制御できないものならば初めからやらないことが1番です。
それではコールだけで十分な儲けが出るでしょうか?
どこまで勝てばというレベルが個人間で違うので決められませんが、今迄オプションでトレードしている人と比較しても十分なはずです。単純な形はATMを買ってアウトを売ることです。ATMはでるた+0.5でミニ5枚分のデルタです。コストは高いですから、SQまでにこのコストを回収できれば負けはないでしょう?
相場が上昇していけば相殺となってしまうのでメンテナンスは必要です。そしてヘッジとして考えるのはコストです・・・
ヘッジのコストが大きければ意味がありません。
研究会ではコストが安く組み合わせが有効に変化できるSPを考案して用います。
それでもリスク管理は難しいものです。ドローが大きくなるとSQインしないと思ってもロスカットしてしまいます。最悪のことが常に頭に存在するからです。
私の場合は先物が好きなのでこのオプションIMSPと先物を組み合わせて運用します。オプションは主にヘッジです。
ヘッジのコストを先物で稼いでしまえば気楽に夜も越せます。暴落したら大儲けなどと狙ってコストを無駄にかけないで、負けないくらいでいいと思えばポジションも容易です。
プットでヘッジを組む場合も遠いところで安いものを作るのが気が楽です。そうやってATMから3000円も離れたところでポジションを作って暴落を待ってもほとんどが負けてしまうものです。3000円も下がる相場を耐えて持続できる人は少ないからです。
常にヘッジして利益も出ることを考えたら、ATMで作るべきです。相場が500円下がっても利益が十分出るような、そして相場が1000円上がっても損失が軽微なようなポジションを作り、ヘッジとしてのコストをしっかりと考えながら受け入れていくことです。
どんな時でも儲かることを考えても無理ですし意味もありません。そんな方法があればITが先に考案しているでしょう・・・
編集もしていませんので間違いがあるかもしれません。次回に編集したと思います。


ヘッジの考え方

最近は特にそうだが、相場の基本的な見方としては株価の上昇を基本として逆の値下がりは異常な事態としてネガティブにとらえたがるようです。当然そうなる材料が、事故や事件、倒産やでフォルテなどの悪材料で急落するからでしょう。
相場が上がることが良いことで正常な動きとして見ているようです。逆が悪とは言いませんが、困ったことが起きているという見方と、起きるかもしれないという不安から実際にはわからなくても相場は下がります。
これに対応するポジションはヘッジと俗に言いますが、相場が急落したときに利益を生むポジションの総称です。
まあ、売りを専門にやっている方はヘッジとは言わないでデルタロングのポジションをヘッジと呼んでいることになります。
特に初心者がやるヘッジについて一考しておきたいと思います。
ヘッジですから、専らそれをメインにして利益を出そうとしてはいません?
万が一に備えることで、コストが大きくならないように考えます。
想定利益が50万円のメインポジションのヘッジが50万円以上では無意味ですし、勝つことは毎回でもなく、想定利益を100%取れるものでもありません。
しかしヘッジのコストはメインポジションが有効に結果を出せる場合には間違いなく消費されてしまいます。
ですから多くの人はプットのアウトの奥のほうを買ったりコストの安いところでスプレッドなどを作ります。
これが間違いの始まりです。
あるゾーンにATMが入ったら、あるいは短期間に接近したらというケースは稀ですから、多くの場合はコストはそのまま消費されます。相場が膠着時は特にそうですね。バタフライやSSのように相場膠着時やレンジ相場の場合は良いですが、でれにも見えないことですからヘッジが必要なわけで、コストが1番の問題です。
仮ににヘッジのコストがゼロなんてことがあれば勝率は格段に上がるでしょう?
中途半端に相場が下がったりすると、ヘッジは効かないしメインポジのドローは増えるという両天秤のマイナス状態も良くあることです。
昨今はプットのプレミアムが高くてコストの安いヘッジは難しい状態です。
私はヘッジはATMから考えます。いくらまでの急落から爆発するとかのBSの時代は終わって、常時ヘッジとメインポジの両方の戦略からプットのヘッジはATMスプレッドです。
気持ちとしてはコールサイドの上昇を考えますが、結果が出ればどちらでもいいのです。
思ったように下がらなくても、だらだらの下げでも対応できるからです。今のような相場が高い上昇相場では臨機応変に動かせる先物は有効です。ここでヘッジが固ければ気楽に先物を運用できます。
ヘッジのコストは先物で先に稼ぐという考えでやっていきます。相場が高いと3000円離れたプットでも大きな利益になるケースがありますが、実際には最後まで持っていられないものです。
500円の下げでも1000円の下げでも利益が大きいATMヘッジの考え方が有効だと思います。
ヘッジ七日、メインなのか分からなくなりますが、それでもいいのです、勝てれば・・・

狼少年のこころ・・・

米中の首脳会談は明確な結果を表明せずに持ち帰ったか?
一旦は中国に北の処理を任せた格好か?どちらにしても期日は韓米軍事演習の期間内かと見えるが、素人でも予想できるのは北がどのような提案も呑まないということで、可能なことは時間延ばしに使える提案だけだろう?
ここに来て支持率も急降下でヒットを稼ぎたいトランプは安易な妥協は出来ずに、周辺国の被害とを計りにかけた最後の決断を出来るか?
元はと言えば北の核開発は中国の支援と日本からの資金の流失(パチンコ資金)だ。昔からの知り合いがパチンコ事業を手広くやっていた在日の人だが、常日頃から日本の電子部品や資金を北に持ち込んでいた記憶がある。いわく家族が人質に捕られているようなものだから?
そういう流れは50年も続いているのだから相当な金額に上るだろう?
肝心なことは、ここからの相場に影響してくるかだが、もちろん何か現実にアクションがあれば市場は反応するだろう・・・
コールの期待が剥げてプレミアムが剥げてきたので、プットが魅力的に見えてきた。押し目買いの強さも感じてプットの売りは以前よりも増えてくるだろう?
逆に正当なプットの買い建てはプレミアムが高く敬遠される。
占い師ではないので、先を決め付ける能力はないが何かは起きる。そして相場に大きく影響するかもしれないと言うだけで、不測の事態に対応できるポジションは取っておきたい。なぜかと言うと市場が織り込もうとしないからです?
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR