仮想通貨協奏曲

ビットコインを筆頭にアルトコインと呼ばれる仮想通貨が阿鼻叫喚の騒ぎとなっている・・・
ビットコインの200万上からの暴落と、それが収まりつつある1月26日に取引所大手のコインチェックがサイバーテロにあって600億円を引き出されたらしい?
軒並み大幅安で2番底も割ってしまう騒ぎだ。
しかし1取引所の事件だが軒並み下がるのかと不思議に思う?
赤信号皆で渡ればの流れは収まっていないし勉強もしていない投機初心者が多いということだろう?
下がれば投げ、上がれば買いの猪突猛進型の市場が作られている?
テレビCMで有名なコインチェックだが実際は金融庁の認可も取れていないらしい・・・
脆弱な防護対策も非難されているが狙う側としては格好の餌であったか><
あれだけ短期間に上げた相場は谷も深いがこれでお終いというわけではない70兆にまで膨らんだ市場は、そう簡単には死なない
大手金融機関も国も挙げてブロックチェーンの開発に乗り出している。投機市場とは別に確かな通貨市場の革命が始まっている。
今のところサイバーテロと大口投資家の草刈り場であるが、来年は落ち着いてくるかと思う?
銘柄も淘汰されていくつかの分野に選別されてくるだろう。株式市場でもあるように企業価値よりも仕手株として愛されている銘柄も多い・・・
現在10円以下の銘柄も多く、その中からビットコインとはいかないまでも数百倍の冒頭をする銘柄も多いだろう?
金持ちは有名銘柄を底値買い庶民は割り切って100円以下の銘柄を分散買いでいくのもいいかとおもうが、いずれも負けても悔いの残る資金ではやれない。
出川君が心配だな・・・・・・

あっては困ることを忘れたい時期・・・

久しく更新していませんでした。
相場が急騰していてオプションよりも先物を買って持続が一番の好パフォーマンスとなり、戦略云々の地合いではなかったのでネタも少なかったことも有ります。
しかし上ったはいいが、そろそろ下山を考えるのか、そのルートは確保できているのか?
それともまだ半ばでこれから休憩を挟んでの上昇があるのかということです。
日本市場にとっては、この大相場?に水を差すというか息の根を止めかねない問題が依然として足元で燻っています。
トランプの来日や中国の共産党大会というご都合で水を差された格好となっています。その間隙を縫うように総選挙が行われ株が高騰しました・・・
まるで台本があったかのような連動した動きとなっています?
あったのでしょうと思いますが、ではここからどうするのかということです。
下山するのか、そのルートは?
休憩したのちに再度高い峰を超えて山頂を目指すのか?
何も起きない平穏な時期は東アジアにおいて、いつまで続くのか?その想定が安倍政権にあれば,無理に解散を急ぐ必要はなかったかと思います。
経済封鎖が続き北もミサイルや核実験を抑えたまま時が過ぎるという結末を先送りした展開も無いではない・・・
相場にとってはそれがベストで、そうなればさらに高いところまで行く可能性は大きい?
しかしそれでは北のメンツが保てない、やるといったからには何かはやるでしょう・・・
そうなればボールはまたトランプに投げ返されるので、ここが正念場で何もできなければそれこそ相場は上がるでしょう?
皮肉なもので相場の上げ下げと日本国の立場は必ずしも同じではないということです。
今、核兵器の廃絶に向けた国際会議での日本の立場が注目されています。ここでも本音と建前の議論が続いています。
核兵器廃絶を唱えるのは簡単で、そういう勢力が大きいのも当然です。アフリカや小さな島国の核兵器の脅威を感じない国では声高らかに核兵器廃絶を唱えます。反対する理由もないからです。
これは米国で繰りかえされる銃犯罪とその廃絶運動と同じです。一般市民はどうして銃を野放しにしておくのかと叫びます。良識ある他の国も同じです。
しかし銃の規制を始めても、いまさらに銃を返すのは良識的な善人を標榜する人たちで、あるいは余分に持っている銃や古くなったものでしょう?
犯罪組織に関係するものは据えるはずもなく、普通に考えても国民の3分の2が銃を手放せば残った3分の1が極端に優位に立ち犯罪者がのさばる世界となります。
異端開けてしまったパンドラの箱は閉じることができません。そんな世界が実現するなら警察官も銃は要らないはずです?
核兵器も同じですでに作る技術を持った国は捨ててもいつでも作れるのです。同時にカウントダウンですべての国が廃棄できるはずもなく、相手が捨てれば自分は隠すか持ったままという結果でしょう。
ロシアがあの経済力と人口で、広い国土と世界トップクラスの覇権を維持できているのも核があるからです。無ければ今のロシアは維持できていないでしょう?
プーチンやそれに続く後継者が核を手放すことは絶対にありません。核を持たない国同士でしか拡大しない核の廃棄運動です。皮肉なことにその中間に日本は位置しています。
願わくば世界で3発目の核が日本医落ちされることがないように・・

選挙と相場の足元にある危機

暫く更新できませんでした。
選挙モードとなって何を期待するのか、相場は急騰し高値圏で頑張っています?
この辺まで見通してのトレードができたら達人なのでしょうが、小生のような凡人では無理かと思います。
さて相場には直接関係しないのですが政局と選挙についてぼやきます・・・
相場は現在20610円の高値をつけたところです。
足元は北朝鮮の核ミサイルの危機が現実に存在しますが、合ってはならないことは無いものとして処理するのが得意な国民らしいです?最も相場を作っているのは日本人とは限らないようです・・・
歴史的な危機といってもいいのですが、そのときに株価は最高値を更新していくというのは皮肉なものですが?
千年に1度の津波は当分は来ないと安易なほうに決め付けて、大きな被害を出したのも同じ理屈です。
米国や日本に実際に手を出したら自分も滅ぶから無いと決め付けても、自分が死ぬことを前提にテロを行う数千のISやテロ実行犯はどう割り切ったらいいのでしょうか?
性善説は通用しないのが世界の常識です。
国民を犠牲にしてきた歴史は、今更に自国の国民の安全を優先した考えを持つのでしょうか?
結論はやるのかやらないので北が勝つには核を持ち続けることで米国が面子とアジアの覇権を捨ててまで韓国国民の安全を優先するとは思えないし・・・
ありえない
このような立場に立てば半年しないに大きなショックが訪れると判断する・
しかしその合間を縫って上げるだけ上げておきたいという動機も生まれるでしょう?


楽観の中に潜む危機

日米ともに市場は高値を更新して平和の中での繁栄を追い求めている様な錯覚を覚える日々が続くが、現実は間逆の歴史的な危機の掌の中にあると言ってもよいだろう?
日本人は起きて欲しくない事は、起きないこととして忘れようとする。合ってはならないことは、ありえないことになる。
そうしながらも1000年に1度と言われた地震も津波も実際に着てみたら、次も来るだろうと次の1000年に備えて今からはじめている。現実に起きないことでは国民を納得させられない?
性善説に根ざした国民のメンタルは真坂そんなことはないだろう?として起きないことにして安心する・・・・
自分だけは、そんな不幸なことは起きないと思うから、実際に被害を被った被害者の痛みは分からない・・・
日本がまさに当事者であることを忘れて、他国の(米国yと北朝鮮)けんかだと言わんばかりの傍観者的アナウンスを繰り返すメディア
、そして対話、対話と平和ボケのコメントを繰り返す者たち・・・
今まで何十年対話を続けたきたのか?
軽水炉を作り石油を援助し食料を援助してきた和解へのプレゼントはどうなったか?
すべての約束を一方的に破り、恫喝を繰り返してきたのは誰か?
もうICBMの完成まで秒読みとなる時期において、対話が必要だと繰り返している?
阿弥陀くじのようで結果が見えないようでも行き先は決まっている。その中に対話は無い。
米国がやるか、まさかの中国がやるか、内部での氾濫か?
ロシアが思惑があって援助してきたのだろうが自分が火中の栗を拾う度胸はないだろう・・・
対話では落としどころが無く、対話が導く結末を信じる国はもう無くなったと言うべきだ。

相場においては未曾有の混乱が招くリスクオフの流れがどこまで行くのか見えない。だから市場は今は見ないことにしている。
解散の空気が永田町を支配しているが、森そば掛けそばの問題から逃げているというような、ケチな邪推をしないで、まさかの戦時内閣を連想させるような首相の決心などが飛び出す可能性もある?
いささかのコストをかけて準備はしてきたが現実になる可能性は大きくなってきた。

いつかやってくる日が来たのか?

トランプ大統領と北の大将の口喧嘩バトルが激しくなってきた。グアムの近海に落とすなどと手加減を加えているように見えるが実際は逆で虎の尾を微妙に避けている話だ・・・
そして大将に計画を進言して許可がもらえればとか?
大将が許可しなければ、そもそも発表もできない国が、出来レースの話ということが透けて見える。
米国は攻撃に向けてのアリバイ造りが進んでいるようだ?
イラクのときも同じように進めてきて最後は無理やり押し切った。
この背と際に来ても相変わらずメデイアは安部政権を倒すことに専念して、賞味期限の切れた材料を蒸し返そうとしている。
この国は誰か国民が死亡でもしないと実感が無いのかな?
この時こそ北朝鮮に向かって平和憲法を高く掲げて戦争反対暴力反対、核の無い世界をと叫ぶべきだ。
そうすればきっと平和がやってくるだろう?
敵地攻撃武器を持たない日本は、それしかないだろう?
北のミサイルと日本の平和憲法とではどちらが強力かはすぐにわかるだろう。
もっとも強力な手段は、風船爆弾宜しく平和憲法をハングルに訳して数万の風船に載せて北朝鮮に飛ばすことだ。これできっと解決するだろう?
本気でこういう話をするかと思う左巻きの国民が多いのは事実だ。
万が一ではなく、百に一位のはなしになってきたこの問題も、実際に半島で紛争が起きれば韓国の経済や中国の貿易にも多大の影響が出る。
韓国は有数のサプライズチェーンを担う国で、半導体や液晶、造船などの産業がとまってしまう可能性がある。
日本も同じで核弾頭はともかく細菌兵器を弾頭に搭載したミサイルは数百もあるという・・・
政権末期となれば何処に撃つかは想像できる。
今後の解決方法は何があるかといえば、米国がこのまま核の開発を許すことは絶対にないし、北が開発をやめることもない。
米国がやるか、中国がやるか?
意外に中国が実力で押さえ込む可能性もあるかもしれない?
相場的にもながいリスクを抱えたままでは相場上昇は無い。
相場の下落IVの上昇に何が有効かを考える相場になる。IVをとりにいくか、デルタか?
月曜日は今夜の米国市場で続落か多少戻すかで大きく変わる。
今日が連休で手が出せないので、少し戻して仕切りなおしができるほうが良いが・・・
CMEが19000円接近ではパニック的な寄りに成るかもしれない?
こう言う時に寄りの15分がオプションにとっては厄介なことだ。寄りから先物で追い討ちを掛けられるとオプションは売りが約定しない可能性もあり、狼狽してマーケットメーカーの餌食になる人も出そうだ。
ディープインしてしまったときのヘッジも事前に考えて対応の準備をしてほしい・・・・・・
600円くらいの値幅はありえるので今夜の米国市場は要注目です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR