ブログ終了のお報せ・・・


仮想通貨の市場も規制が厳しくなり、ICOに関しては日本人は参加しにくい状況が続きます。私のところにも関連業者からの勧誘が多くありますが、それらの殆どはICO関係です。プライベートセールの勧誘がほとんどで実際に多くの人が購入するよりも有利な条件かと思います。
しかしほとんどのICOが怪しく見えるものが多く、腹立たしいものさえあります。
多くの場合は売り出し価格が高くて上場後の価格が維持できないと思われるものが多くなっています。
運営がICOによって最大の利益を狙っているという事が見え見えのケースが多いと思います。
そもそも現在の市場では時価総額50~100位以内の通貨では、時価総額が500億円程度に収まっています。
発行枚数は3億から5億が中心かと思います。であれば、通貨の価格は100円程度となり、上場価格が100円以上はとても厳しい状況が見えます。上場後に100倍と言う夢を追い月に行くなら?ICO価格が
5円程度となります。テレグラムやエンドアーが数千億円集めた状況を見たら、上場後はビットコインやイオスに迫るランクに入らなければなりません。
寄り天井が見えてくるようなICO(実際には行っていない)では意味がありません。
実際にどうするのかは見ものです・・・
今の相場でトップ100位以内に入る時価総額を考えて、その100分の1くらいで収まる通貨を最初に想定して選択すべきです。
資金が潤沢で50%も上がればいいという人は全くの別な話ですが。
ICOが厳しくなる現在、ICOから大きく下げた優良通貨が日の当たる場所に復活しそうです。また匿名性と規制を逃れるためにはDEXなどの分散型取引所は人気を集めるでしょう・・・
ICOの告知に関する規制が進んで情報が入りにくくなるので、一層怪しげな輩が勧誘に走るでしょう
皆さんくれぐれも甘い言葉に誘われないようにご注意ください。

中途半端な形で更新をしてきましたが、本来の趣旨とも違ってしまい、この際本日を持ちまして終了とさせていただきます。
本来仮想通貨を本業としておりませんので,書く記事にしても拙いもので、読者の要望に応えられるものでもありません。今回を持ちまして終了とさせていただきます。ありがとうございました。

社会に役に立つプロジェクトを探す・・

長い間更新に間が空いてしまいました。
相場が停滞している時期が長いので買いたい通貨は多いのですが、少し冷静にこの間と言うものを考えていました。
その間にも多くのニュースが出てきました。三菱UFJが縁とペッグした仮想通貨を出すようで、その性能はあっという間に既存の通貨を超えるようなものでした。やはり大手企業が本気を出すと、少人数でやってきたプロジェクトなどは、ひとたまりも無いようです・・・
これからは通貨の送金スピードやコストを競う通貨で生き残れるものは少なく、リップルさえもどうかなと疑問が残ります。キャピタルゲインと言うものを分けてしまえば、基本通貨の送金に対しての性能アップならば、強いてリップルである必要は無く手も良いのだろうと思います。通貨ではなく社会に何んの変革をもたらす事ができるのかという観点からみたら次々に面白うプロジェクトが出てきました。
今迄に権利や価値を保証できにくい分野でブロックチェーンにより、著作権やゲームのアイテムにまで個人の所有権が保管され、DNAまで価値が付くという新しい流れもあります。切りがないくらい広がりを見せています。ICOで参加すれば当面お最安値(多くは10円前後)で購入出来て、この停滞した時期でも影響を受けにくいと思います。
先月仮想通貨ニュースの中で、グミというがーむ開発の会社のCEOのコラムを見ました。その中でTHETAというプロジェクトに投資していると書いてありました。その人物の顔を見て、なにか
カリスマ性を感じて、そのTHETAなるものが何かと思い調べてみました。それが仮想通貨のプロジェクトだったという事です。WPをみたりテレグラムなどを調べて大きなプロジェクトであることを知りました。とても熱いプロジェクトなので興味があればお調べください。数日前にバイナンスに突如上場しました。
COBという台湾の取引所も面白いです。日本人は買えないので、今のところIDEXで取引します。
ICOが始まったBOUNTIEはゲームでの革新的なプロジェクトです。SAFE CRPTも取引所ですね・・
取り引き所の通貨は鉄板と言う認識があり人気もあります。
大勢はリード役のビットコインが立ち直らないと仕方ありませんが、水面下では鯨が仕込んでいる時期かと思います・・・

外れくじから大当たりか?

市場ははっきりとした規制の形が見えない中動きが悪い、マウントゴックスの売りも重なってまた地合いが悪化した。そんな中でも大手の新規参入の下準備は着々と進んでいる。
新規にTHETAを購入した。化ければ大きいと思うところにコミニュティーも活発である。詳細はお調べください。
また今年の初めに参加したICOであるFDZ(フレンズ)というSNSに特化した通貨の上場がイギリスのロックと言う聞きなれない取引所に上場しました。おりしも大暴落の最中でもあり価格はICO割れでICO価格6円程度のものが現在でも3円程度です><
最近hitbitに乗除されて少し跳ねましたが、戻ってしまいました。放置してあったのですが暫くぶりにHPを見ると上場先の案内に何とbinanceのロゴがあるではありませんか?おい冗談だろと思いながら
事実であればひょっとしたらと思い、テレグラムで質問してみました。
そうした既にバイナンスのほうには書類を提出済だそうです?
いい加減なことでHPに掲載は出来ないでしょう・・・
思わずhitbitoで買い増ししてしまいました。間違ってもFDZはすでに実業の実績もありヨーロッパでは利益を出している仮想通貨のICOにしてはしっかりしている通貨です。アジアではIDH(インドハッシュ)が有名ですが、こちらはICOでこけて価格割れが続いています。
こけた話から放置して置いたら、思わぬ当たりくじかもと気分が良い週末でした。

ICOよりも足元を見たほうが近道か・・・・・

仮想通貨の相場が足踏みしている中でも大型のICOが連発しています。小資金での投資から始める人が多いと思われますのでICOについてコメントします。
ICOの利点はとにかく安い時点で通貨を購入できる点です。株式の新規上場と同じです。
ただしICO割れも多くなって今うsので注意が必要です。以前にもコメントしましたが、1月からの暴落で運悪くその地合いのなかで新規上場した通貨はICO割れのものや、価格的に伸びきれない通貨も多くみられます。この中にチャンスが多いという事に注目できれば単純いICOを狙うよりも多くのチャンスがあると言えます。
ICOは上場までの期間が長く資金が寝てしまうという短所があります。資金の少ない人は数か月も上場までにかかってしまうと効率は悪いはずです。
次々に新しい通貨が登場してきて、過去に話題となった通貨でも忘れ去られることが多くなりました。
未だに上場していないICOもあります。常に新しいものを追える潤沢な資金があれば良いのですが、資金の限られた中ではICOに対する割合を限定的にせざるを得ません。
ICOで一時的に急騰した通貨もその後にICO割れとなったものも多い状態です。急騰した通貨がその後調整してくるのは自然な流れですが、1月からの暴落で過剰に売られた通貨も多くなっています。
そこに目を付けて漁っているわけですが、これからブロックチェーンの発展とともにクローズアップされてくる業界を考えてみて今回は保険業界に拘ってみました。
金融関係のカテゴリーにはすでに多くの通貨プロジェクトが参入しております。しかし保険分野はまだ少ないかと思います。事務契約処理に多くのコストをかけている金融保険業務はAIやブロックチェーンの1番活躍できる分野です。日本の年金や保険、強いては国税の分野も特にそう思います。
保険には再保険と言う
保険会社が自分の受託した保険に保険を掛けるという裏の分野の保険と言うものがあります。一般消費者には直接関係ないことですが、大規模災害や船の事故や大型企業の倒産の時などのニュースで聞かれることも有ります。
そういう分野に特化した通貨もあります。小保分野の通貨は発行枚数が少ないという特徴もあります。その中から今回はiXledger (IXT)とAigang (AIX)を購入しました。
詳細はご自分でお調べください

将来に期待して一喜一憂しない投資を・・・

漸く相場が落ち着いてきたかなと思う頃にまた悪材料が出てきました。今度は韓国初の取引所の問題です。世界第4位と言われる取引高を誇る取引所が取扱高を水増ししていたと言う疑念で操作が入っているようです><
こういう流れは夏まで続くのでしょうか?落ち着きが見えません・・・
これから参入すると言われる大手投資家には願ってもない仕込み場ですが、個人投資家はいい加減にしてほしいところです。
世界的な著名投資家が挙って仮想通貨に対する批判的なコメントを発していますが、こういうのも意味があるのでしょう・・・
何があろうと水面下では着々と仮想通貨市場の大きな胎動は増してきているようです。しかし市場の淘汰も進んでくるはずで、ビットコインが上がれば皆上がるという今迄の流れも今年からは違いが出てくるものと思われます。
送金コストとスピード、マイニングコスト、スマートコントラクト、匿名性、資産系通貨、
コミニュテーの強さ、AI,IOT,金融保険系、量子耐性、SNS系、eスポーツ、ゲーム、カジノ、ゲームなどの各分野を代表する通貨に焦点が合い、また流動性の問題などを篩にかけて生き残る通貨を選ばなくてはなりません。
ICOから一気にベスト100に出てくる通貨は次第に少なくなって、各分野を代表する個性のある通貨が来年以降をけん引していく流れができてくるかと思います。
日経225のような指標銘柄がで固まって、大手の市場でインデックス銘柄として活躍するかもしれません。その後を2番3番くらいまでの通貨が存在できるくらいかと思います。少なくても今のような数千の通貨が無事に成長できる市場は無くなってきます。
株式市場と同じで取引所が上場を廃止すれば終わってしまいますので、人気のない流動性の少ない通貨は淘汰されてしまいます。機関投資家などの参入が始まればこの流れが際立ってきます。
中央集権のない仮想通貨市場はコミニュティーの力が大きい市場です。この分野の動きにも注意が必要です。モナコインが活躍したようにコミニティーの力で押し上げたnanjコインなどが良い例です。
通貨の独自の開発プロジェクトは基本ですが、それとは別のどういう分野で利用できるかと言う2次的な働きを支援する力も見落とせません。
インターネットの黎明期に現在の成長企業を当てることは難しい事でした。当然これから誕生する新しい通貨がベスト10に入ってくることも不思議なことではないでしょう?
しかしそれを当てることに挑んでも無理でしょう。それよりも大きな流れの中から取り残されないように、まだ見えない5年後の市場に焦点を合わせて行く事です。目先の浮き沈みに一喜一憂していては不可能です。ビットコインのチャートを見ても分かるように、目先の利益を取りに行った人は小さな勝利を得ても、数年後の大きな勝利まで持続できた人は違う人の様です?


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR