微リスクで最強のオプションストラテジーIMSPを独習できる

負けないことから始まる投資法、毎月勝てれば大きな夢にも近くなります。1億の夢も最初の100万が勝てなければ実現しません。勝ったり負けたりの繰り返しから卒業しなければいけません。
連勝するということは、確実にスキルが身について安定した状態と見ます。独習でIMSPを学ぶチャンス。

         まにゅある

IMSP公式マニュアルとオプション研究会については親ブログ『デイトレ仙人のオプション戦略』をご覧ください。
http://op-sennint.doorblog.jp/

ストライクSP公開2ヶ月の節目として振り返る

期末の忙しさで、こちらのブログの更新が滞ってしまった。
そして会員さん同士のトライアルの結果も失念してしまって報告ができなかった。互いに微勝ちで勝敗もドローとした。
ヒロさんはスタート時でヘッジが無く翌日から相場急落で-65000円のドローを抱えてのスタートとなった。
遅れてヘッジを入れたが逆に相場が戻り、両てんびんの展開となった。
挽回したものの時間切れでゴール(10月限でのストライクでSQに逃げ込むことができない)になってしまった。
鉄さんはダイアゴナルで勝っても、カレンダーバックで失点の綱引きで微勝ちとなった。
オプションは相場観を排除してテクニカルで構築されるものと思いたいが、人間誰でも無意識に相場観は入っているものだ。
ネガティブガンマでダイナミックヘッジを駆使してニュートラルを狙っても上手くはいかない。
それが可能なら先物をやった方が良い。
7月17日よりストライクSPを公開して実践してきましたが、このときの相場は低IVの膠着相場で、6月20日より19850円から20100円までの250円の幅での膠着相場でした。
この時点でストライクプットSPを公開してきました。すでに大勢は下落相場に向かうと言う想定はありました。
20,000SSP2回、19750SSP1回、19500SSPと作ってきましたが、ドローといえるほどの食い込みは無く、終始利益となっています。
これを相場上昇と見てコールでのSSPを構築していくなら、ガンマヘッジの理屈は同じはずですが、とても苦労したことでしょう?
ストライクSPはプットでもコールでもオプションを売ります。それも高いATMのオプションを売っていきますので、プットの売りは怖いと潜在的に思っている人は苦手なのでしょう?
当初に作った20000SSPは既に遥か遠く900円ほどディープインしています。デルタも先物に近く値も付きません。
20030円売りでヘッジした先物2枚は利食いとロールで19310円売りと大きく位置を変えています。計算は同じですが形としては大きな損失に見えるかと思いま?
昨夜に値が付いて890円でした。445円で売っていますので1枚あたり正に倍ですね。2枚で890円の損失です。
先物は12月限二ロールされていますが150円の鞘ということで直すと19300円くらいでしょうか?
1枚730円と計算して2枚で1460円となります。
差し引き+570円の利益と出ます。
実際は先物を安く買い戻して上で売りなおしてもいますので、利益が増えています。
現在はこのポジションに19500SSPを3枚(1.5組)持っていますので、10月限ということもあり期末が楽しみです。
相場のデルタロングの方向に関するヘッジも必要ですが、これは公開をしませんので、ストライクSPを実践してみたいという方は研究会のほうに参加ください。





ストライクSP考察1ヶ月

ストライクSPを建ててから1ヶ月のときが過ぎて戦略として固まりつつある。
ネガティブガンマ戦略との違いはダイナミックヘッジをしないと言うか、はじめから絶対値としてヘッジしてあるからで、期中に細かくデルタを気にしないで済むことだ。
ガンマヘッジのメンテナンスをしないのだからガンマヘッジ戦略とは区別して扱いストライクSPと呼んでいる。
文字通りATMのオプションと先物のSPだ。しかし単純にサヤをとると言うのでは無く、時間的価値の減衰によりプレミアムが減ってしまうオプションの売りと、時間的影響を受けない先物のサヤだ。
この組み合わせは先物が動かない場合を想定するとオプションの裸売りと同じで、そのまま売ったオプションの価格が儲けとなる。
形はショートストラドルとまったく同じとなる。SQ時において売ったオプションの価格幅では損失は免れる・・・
したがって高いオプションプレミアムのときに売ることは大きなアドバンテージとなる。
私の場合はこの基本形プットである場合(オプション売り2枚先物売1枚)に対して先物をもう1枚追加して2対2とする。これはオプションが仮にインしても行き着く先は先物と同じと言う原則に寄るものだ。これで売ったオプションと逆の方向に相場が動いていっても
先物2枚を超えて行くことはない。相場が急落しても当初は先物がデルタオーバーしているので常に優位に動いていく・・・
どこでSQとなろうとも当初の利益は確保されている。
これは相場が下落した場合のことだが、反対に相場が上昇していく場合の損益を考える。
プットストライクSPを建てる場合はこの相場上昇時だけを考えればいい。
もちろん許容範囲はあるので100円や200円ではあまり心配も要らない?しかしどこで止まるかと決められるものではない。
先物を買っておくなんて野暮な話はできない。
IMSP戦略では多用するスプレッドがあり、相場上昇が心配される地合いではコールストライクを
作るだろう・・・
しかしポジティブな材料も出るときは出る。その場合に備えてコストの安いヘッジは可能なのか、ストライクSPはATMあたりでのSQ着地となれば利益は大きい、多少のヘッジコストは容易となるだろう・・・
IMSPATMヘッジとなるSPがある。これは会の中で使っているものなので独断で公開はできない。
これで相場が上昇時にも対応できるので守備範囲が拡大する。
相場下落時にもストライクSPが作れることになる。最も相場下落時にリバウンドを狙う戦略としてこのSPは有効だ。
現在10月ストライクを維持しているが、本来は9月で作るべきだろう・・・
しかし歴史的な低IVの中で致し方ない。
すべてが完璧で黙って見ていれば利益が出るような戦略は無い。
リスクを減らして残ったリスクを自分でコントロールできる戦略が優れたものと言える。
ショートストストラングルが有効だった地合いは終わりを迎える。
リスクを片方に寄せて自分でコントロールできるようにすべきだろう。
プレミアムが高いのでATMは売り戦略では扱うことは少ないが、OTMより安全なのは先物に近いATMオプションと言えるだろう・・・



いつかやってくる日が来たのか?

トランプ大統領と北の大将の口喧嘩バトルが激しくなってきた。グアムの近海に落とすなどと手加減を加えているように見えるが実際は逆で虎の尾を微妙に避けている話だ・・・
そして大将に計画を進言して許可がもらえればとか?
大将が許可しなければ、そもそも発表もできない国が、出来レースの話ということが透けて見える。
米国は攻撃に向けてのアリバイ造りが進んでいるようだ?
イラクのときも同じように進めてきて最後は無理やり押し切った。
この背と際に来ても相変わらずメデイアは安部政権を倒すことに専念して、賞味期限の切れた材料を蒸し返そうとしている。
この国は誰か国民が死亡でもしないと実感が無いのかな?
この時こそ北朝鮮に向かって平和憲法を高く掲げて戦争反対暴力反対、核の無い世界をと叫ぶべきだ。
そうすればきっと平和がやってくるだろう?
敵地攻撃武器を持たない日本は、それしかないだろう?
北のミサイルと日本の平和憲法とではどちらが強力かはすぐにわかるだろう。
もっとも強力な手段は、風船爆弾宜しく平和憲法をハングルに訳して数万の風船に載せて北朝鮮に飛ばすことだ。これできっと解決するだろう?
本気でこういう話をするかと思う左巻きの国民が多いのは事実だ。
万が一ではなく、百に一位のはなしになってきたこの問題も、実際に半島で紛争が起きれば韓国の経済や中国の貿易にも多大の影響が出る。
韓国は有数のサプライズチェーンを担う国で、半導体や液晶、造船などの産業がとまってしまう可能性がある。
日本も同じで核弾頭はともかく細菌兵器を弾頭に搭載したミサイルは数百もあるという・・・
政権末期となれば何処に撃つかは想像できる。
今後の解決方法は何があるかといえば、米国がこのまま核の開発を許すことは絶対にないし、北が開発をやめることもない。
米国がやるか、中国がやるか?
意外に中国が実力で押さえ込む可能性もあるかもしれない?
相場的にもながいリスクを抱えたままでは相場上昇は無い。
相場の下落IVの上昇に何が有効かを考える相場になる。IVをとりにいくか、デルタか?
月曜日は今夜の米国市場で続落か多少戻すかで大きく変わる。
今日が連休で手が出せないので、少し戻して仕切りなおしができるほうが良いが・・・
CMEが19000円接近ではパニック的な寄りに成るかもしれない?
こう言う時に寄りの15分がオプションにとっては厄介なことだ。寄りから先物で追い討ちを掛けられるとオプションは売りが約定しない可能性もあり、狼狽してマーケットメーカーの餌食になる人も出そうだ。
ディープインしてしまったときのヘッジも事前に考えて対応の準備をしてほしい・・・・・・
600円くらいの値幅はありえるので今夜の米国市場は要注目です。

ネガティブガンマ戦略ダイナミックヘッジとの違い

現在実践していますストライクSP戦略は元はネガティブガンマ戦略を基本に育てて行こうというものです。
なぜストライクSPと呼ぶかについては、ダイナミックヘッジを行わないからです。実際には行わないというのは正しくありません。
細かくデルタフラットに調整して行かない、それに先物とオプションを分けて考える展開があるということでしょうか?
デルタヘッジの考えと運用面が違うということです。追加してIMSPのヘッジ手法を加えて行く場面もあるから単純でもありません。
デルタヘッジをミニで小まめに行わないという点からは放置形にもなりえます。
現在の相場ではポジティブガンマの戦略は取りにくいということと、魅力を感じないと言う個人の好みもあるのでしょうか?
ネガティブガンマのリスクは相場が大きく動くことになります。
それをヘッジすると言う手法は簡単に言えばデルタをフラット以上にすることとなります。
あえて以上と言うのは、デルタは先物以上(1・・・)は無いからです。
売り立てるオプションもATMですから深くインして行きます。
ベガとガンマの影響もOTMと比較して少ないものです。最高に上がっても結局は先物に限りなく同じになるだけです。
大切なことはオプションが先物と同じ動きに近くなって行くと言うことで、先物はそれを見越して2枚売っていますので、2枚以上となります。
これは相場がオプションの逆に言った場合ですが、もちろんコールとプットでは違います。
実践においてはプットのほうがプレミアムが大きくて作りやすいと思っていますのでプットを多用します・・・
基本的なネガティブガンマのデルタヘッジではどちらに動いてもミニで小まめにヘッジしながらデルタフラットにメンテしますが大きな変動には基本的なネガティブガンマポジションでは対応できないでしょう?
逆方向、デルタプラスに相場が動く場合は(基準は作成時の行使価格から250円程度外側に動くような場合)先物を外すという想定になります?
実際に外してオプションをフリーにする場合もありでしょうが、基本は頭の中では常に別に考えて行くことが重要です。
ぴったりとミニでヘッジしていないのでスタートから枚数の概念はありますが、先物の運用とオプションの値動きを頭の中で別に考えています?
相場が上昇して行使価格を超えてきたら、先物とオプションは切り離して考えます。オプションのネイキッド売りと考えます。
2枚のプット売りは当然プレミアムの分だけ減少しますので利益が膨らみます。SQ持込かどうかは別です。
先物は逆に損失(一時的な損失ドローと考える)となっていきます。
しかし先物はゾーントレードで運用していますので値幅の拡大はロールしてし売りあがります。
相場がボックス圏か膠着と想定しているからですが、はっきりした材料でもない限りは際限なく上昇も無いはずです。
万が一の場合はIMSPのヘッジが効果を出してきます。
簡単に言えば先物を外してしまえばいいわけです。
このように単純なネガティブガンマ、ダイナミックヘッジと呼ばれるものとは違いがあります。
行使価格(ストライク)と先物の鞘を取る戦略といえます。
ダイナミックヘッジで小まめに利益を積み重ねていく、或いはデルタヘッジを繰り返す手法とは違います。
他にもあるのですが基本はこういう考えからストライクSpと呼んでいます。
現状の枯れた相場を乗り切る戦略として育てて行こうと思います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
応援お願いいたします。ポチ
デイトレ仙人のIMSPオプション戦略
http://op-sennint.doorblog.jp/
メールの返信が24時間経過しても無い場合は下記のアドレスにお願いします。
imsp-in@outlook.jp thhanbei@gmail.com
お問い合わせ
24時間以内に返信がない場合は再度お尋ねください
リンク
QRコード
QR